初心者必見!バンカーショットの3つの打ち方

「バンカーが怖い」「バンカーからの抜け出し方がわからない」そんな悩みを持った方も多いのでは?今回は、バンカーショットの基本と、バンカーから抜け出す3つのコツをまとめました。

バンカーショットの基本

バンカーショットは、バンカー(砂)に入ってしまったとき、バンカーから脱出するためのショットのことです。バンカーショットには、アイアンの1つであるサンドウェッジを使うのが一般的です。

バンカーショットは、手前の砂ごとボールを運ぶエクスプロージョンショットと呼ばれる特殊な打ち方をします。エクスプロージョンショットは、バンカーでのボールコントロールの技術です。

エクスプロージョンショットを身につけることでバンカーから脱出し、ボールをグリーンに近づけられるようになります。

1つ目のポイント、スタンス

1つ目のポイントは、スタンス(ボールを打つときの足の位置)です。バンカーではボールの位置が左足のかかとに立つと、ボールの手前にクラブヘッドが落ちやすくなり、エクスプロージョンショットを打ちやすくなります。

通常のショットは、ボールを飛ばしたい方向と両足を結んだ直線が上から見て平行になるように構えます。バンカーショットでは、両足を結んだ直線が飛ばしたい方向に対してわずかに左に傾くように構えます。これを、オープンスタンスといいます。

2つ目のポイント、フェース

フェースとは、クラブのボールを打つ面のことです。バンカーショットでは、フェースを開いて打つことで、うまくバンカーを脱出することができます。フェースを開くとは、ゴルフクラブのヘッドの先(トウ)を構えた中心のラインから外側にそらすことです。

フェースを開くことで、ボールと一緒に打ち出す砂の量を調節でき、ボールが高く上がるようになります。バンカーは、窪んでいることが多いので、高く打つことで脱出しやすくなります。

3つ目のポイント、スイング

バンカーショットでのスイングは、左寄りに構えたスタンスに合わせて、スイングします。スタンスが左寄りなので、ボールを飛ばしたい方向より左に向って打つことになりますが、フェースを開いているのでボールは狙った方向に飛んでいきます。

スイング時はボールを直接見ず、ボールの少し手前を狙うことで、上から下へ打ち込むスイングになります。上から打ち込むイメージでスイングをすることで、エクスプロージョンショットの爆発力が上がり、しっかり飛ばすことができます。

まとめ

ポイント1:ボールが左足のかかとの前にくるように構え、オープンスタンスにする。

ポイント2:フェースを開く

ポイント3スイングはボールを直接狙わず、上から打ち込むように打つ

バンカーショットは普段のショットと違うこともあり、苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが、以上3つのポイントを押さえれば、バンカーから抜け出しやすくなります。

バンカーが怖くなくなれば、ゴルフがもっと楽しくなります。3つのポイントを意識して、バンカーを克服してみてはいかが?