初心者必見!飛距離を伸ばせるゴルフクラブの握り方

何度かゴルフの練習をしている方でも、なかなか腕が上達せずに困っているということもありますよね。自分では基本的なスイングの仕方はマスターしているつもりでも、実はゴルフクラブの握り方に上達しない原因が隠れている可能性があります。今回はゴルフクラブの握り方についてまとめました。

グリップの大切さを知ろう

ゴルフクラブを手に取ると分かるように、上の方にグリップと呼ばれる黒くなっている場所があります。ここは自分が思っている方向にゴルフボールを飛ばしたり、必要な飛距離を出すためにも大切な部分です。スイングの途中で簡単にずれてしまったり、不安定なショットになることを予防するには、しっかりと握らなくてはなりません。ゴルフクラブを持つ時は他の部分に触ることはないので、グリップの手触りや握り心地の良さを重視して選びましょう。

ゴルフクラブの正しい握り方をマスターしよう

グリップの部分を握る時は、両方の手で一度に握るのではなく片方ずつゆっくりと握ることを心掛けましょう。特に慣れるまでは自分のフォームが不安定になりがちなので、イメージした通りに握れるようになる時間をかけても構いません。

初めに左手でグリップを掴み、親指を真っすぐ下の方に伸ばします。続いて右手を左手の親指の部分にかぶせるように握ります。この時右手の親指も真っすぐ下に伸ばし、親指の付け根辺りが左手の親指にかぶさるようにしましょう。

飛距離を伸ばす握り方は?

ゴルフを始めたばかりの方が共通して悩むことは、飛距離が伸びないことでしょう。しっかりボールを捉えているつもりでも短い距離しか飛ばないという方は、スイングの仕方だけでなくグリップに問題があるかもしれませんね。

打球の距離を伸ばしたい時はストロンググリップと呼ばれる方法がおすすめです。ストロンググリップを実践する時は、左手の甲の辺りを正面に近い場所に置くことがポイントになります。後は右手で安定させればグリップは完成です。

自分に合ったグリップを選ぼう

これからゴルフを始める方は、最低限必要なグッズを揃えなければなりません。打ちっぱなしで練習するならレンタルのグッズを借りてもいいですが、やはり自分の物を買い揃えた方がモチベーションが上がるでしょう。ゴルフクラブは一本ずつ買い揃えていくのではなく、初めからセットになって販売されている物を選んだ方がラクですね。専門のゴルフショップに行くと初心者向けのセットがいくつか並んでいるので、使いやすさや予算に合わせて選びましょう。

また、ゴルフクラブを握る部分であるグリップは、唯一体とゴルフクラブが接点を持つ箇所です。自分の手にフィットした、握りやすくスイングしやすいゴルフクラブを選びましょう。

今回紹介したポイントを確認し、飛距離を伸ばしましょう!