初心者必見!ゴルフのカット打ちってなに?

ゴルフのカット打ちはミスショットや飛距離が落ちてしまう原因になります。クセがついてしまうと、ゴルフの上達が遅れることがあります。今回はゴルフのカット打ちについてまとめました。

カット打ちってなに?

カット打ちとは、クラブヘッドがカット軌道で打っている状態のことです。カット打ちはクラブの軌道が最初は外側(アウト側)、終わりが内側(イン側)のアウトサイドインの軌道でよく起こります。

スイング時のクラブの軌道がアウトサイドインの軌道だと、ボールの軌道は右方向へ飛ぶスライスになりやすくなり、飛距離が伸びなくなります。ボールがまっすぐ飛んでいればそのまま飛距離になりますが、右方向へ曲がることで、その分飛距離がロスしてしまいます。

カット打ちになる原因

カット打ちはアウトサイドインのスイング軌道で起こりやすくなります。アウトサイドインになる原因は、アドレスが悪い、バックスイングで肩の回転が浅いとアウトサイドインの軌道になりやすくなります。また、体の切り返しのタイミングが早く、タメがないダウンスイングは腰と肩が一緒に左に回転してしまうため、アウトサイドインの軌道になりやすくなります。

体重移動ができていないのも原因の1つで、体幹を使ったスイングではなく手や腕だけでボールを打ってしまう手打ちになってしまい、スイング軌道がぶれることもあります。

カット打ちを防ぐための打ち方

カット打ちを防ぐためには、アドレスを確認しましょう。頭が左にあり軸が左に傾きすぎていないかを確認しましょう。右肩や右肘がアドレス時に出てしまう、左足体重だとアウトサイドインの軌道になりやすいので注意しましょう。

スイングでは、バックスイングで肩を回すことが重要です。肩の回転を深くするには、スタンスを狭くし、バックスイングで左足のかかとを浮かすように腰を回転させましょう。また、力を入れずに、リラックスしてスイングをしましょう。

カット打ちにならないための練習方法

カット打ちにならないためには、片手でクラブを握りボールを打つ片手打ちがおすすめです。最初は右手だけでクラブを握りボールをまっすぐ打てるようになるまで練習をします。右手でまっすぐ打てるようになったら、左手も同様にまっすぐ飛ばせるようになるまで練習をします。

右手は腕や手で打つのではなく上半身の体幹を使い、体全体でボールを打つのがポイントです。左手は力を入れないようスイングをしましょう。

カット打ちは飛距離が落ちてしまいます。今回紹介したポイントを確認して、カット打ちを直しましょう!