初心者必見!ゴルフのダフリを直す3つの練習方法

ゴルフの初心者を悩ますダフり。イメージしていた豪快なスイングには程遠く、ダフってから力なく転がるボールにゴルフ自体諦めてしまおうとする事もあるかもしれません。しかし諦めるのはまだ早いです。ダフリを直す練習をすれば、ダフりは克服できます。そのために必要な3つの練習方法をご紹介します。

ダフりとサヨナラする方法

おもいっきりスイングして天高く飛んでいくボールを打ちたいと誰もが思って始めるゴルフ。しかし、理想と現実はなかなか上手くいきません。気合いを入れてスイングしたのに、ボールではなくその手前で地面にクラブを当ててしまい、飛んで行くのはボールではなく、削り取った土ということも少なくないのではないでしょうか。特にコースに出てからそんなことをしてしまうと、周りの視線も気になり余計なプレッシャーを抱えてしまいます。

初心者によくありがちな、この「ダフり」という現象ですが、いったいなぜ起こってしまうのでしょうか。なぜ、打ちたいボールにクラブがジャストミートしてくれないのでしょうか。クラブは地球を叩くためにあるのではないのです。改善する方法は必ずあります。

ぜひダフらずにボールをきれいに飛ばすことができるように、ダフリを直す練習方法についてご紹介いたします。

ポイント1 ダフる理屈を理解しましょう

ダフってもいい事は何もありません。地面にクラブが当たってからボールに当たると、いくらそれまできれいなフォームで、クラブヘッドのスピードがのっていたとしても勢いは急激に落ち、なおかつインパクトの角度もずれてしまいボールはあらぬ方向に弱々しく飛んでいきます。もしくは、転がっていきます。せっかくの体重移動も水の泡となります。

ここで、ひとつ気付かなければいけないのがなぜボールより先に地面にクラブに当たるかという基本的な事です。答えは単純でボールに当たる前にクラブが最下点を通過してしまうからです。言い換えると、ボールに当たるときには最下点から上に持ち上げている途中ということになります。この理屈をまず覚えておきましょう。

ということは最下点がボールを打った後に通過するようになれば、理論上はダフらなくなるという事です。例え地面に当たったとしても、ボールを打つ瞬間には何の影響もありませんので、パワーを十分伝えることができます。つまりダフりを無くす練習法として意識するのは、クラブの最下点というわけです。

ポイント2 軸回転

ダフらないためにまずすべきは、フォームの改善です。アドレスした時の背骨の傾きを確認しましょう。一本の軸となるようにイメージします。この軸を意識しながら、バックスイングをすると左右にぶれることなく振り抜くことができます。

これが、ダフらないための大事なポイントです。なぜなら、軸がしっかりしていないと、左右のブレで振り抜いた時のクラブの傾きが安定しません。

当然、振ってみないとスイングのどのポイントでボールに当たるのかわからなくなり、インパクトの計算ができなくなってしまいます。あるときは後ろに引きすぎ、あるときは前のめりになるようでは、安定したショットは見込めません。まずは、コマのように軸を意識して、体を回転させることができるよう素振りを繰り返しましょう。

ポイント3 力まない

ダフりを克服する際にもう一つ意識しておくポイントは、クラブの軌道です。飛ばそうと力み過ぎないように注意しましょう。力めば力むほど力が入りスイング軌道は安定しなくなります。もちろんボールのインパクトの瞬間は大事ではありますが、意識すべきはインパクトの瞬間よりも、クラブを振り抜く事です。インパクトの瞬間を意識するとつい上げようとしすぎて右肩が下がる傾向があります。

そうなると、軸回転もゆがんでしまいます。できるだけ、コンパクトに振り抜くことは飛距離アップの近道です。慣れないうちは少しクラブを短く持つなどして、軸回転を重視して振り抜く練習をしましょう。大振りよりは飛ばない感じに思えるかもしれませんが、しっかりとミートすれば飛距離は十分期待できます。