初心者必見!ゴルフの打ち方の1つであるダウンブローってなに?

ダウンブローとは、主にアイアンやウェッジの打ち方です。ダウンブローを習得することによって、狙った方向へボールを打ちやすくなります。今回はゴルフの打ち方の1つであるダウンブローのコツ、意識、練習方法をまとめました。

ダウンブローとはアイアンのショット

ダウンブローとは、アイアンショットのスイングが最下点に達する前にボールを打つショットです。ダウンブローの打ち方をするのは、アイアンがほとんどです。ドライバーは飛距離を稼ぐものなので、ダウンブローの打ち方を使うことはほとんどありません。

ダウンブローのスイング軌道は、振り上げて下ろす上から叩くようなスイング軌道です。上から叩くようなスイングによって、バックスピンがかかりボールが止まりやすくなるので狙って方向にボールを運びやすいです。

ダウンブローのコツ

ダウンブローを打つコツは「最下点に達する前にボールを捉える」「ボールを打った後やや薄めに長くターフ(ボールの先の芝生を削りとること)を取る」2つです。

最下点に達する前にボールを捉えるには、ボールを横から見て時計の1時~2時の間の位置辺りでボールを捉えるイメージでスイングをしましょう。ダウンブローでボールを打った後ターフがあれば、ショットができているという目安になります。ボールを上から捉えながら、重心を前の方にゆっくりと移動しながら、クラブを低く前方に放り出すようなイメージのスイングがターフのコツです。

ダウンブローを打つときの意識

ダウンブローを打つときの意識は、グリップに注目しましょう。アイアンでスイングする際、アドレスのときにグリップエンドを少し左に持っていくように意識します。グリップエンドが左に北ことで、自然と最下点がボールより左にずれるので、ダウンブローのショットを打つことができます。

この際に、ヘッドをボールに当てにいく意識を持たないようにしましょう。当てにいく意識を持ってしまうと、体のバランスが崩れてしまいミスショットの原因になってしまいます。

ダウンブローの練習方法

ダウンブローの練習方法は次の通りです。

1. ピッチングウェッジを左手1本で持つ

2. ボールはスタンスの中央に置く

3. 体重は左足に6割程度かける

4. クラブを振り下ろす

クラブを振り下ろすときは、フォロースルーをあまり取らないようにします。インパクトのときにボールを打ったら止めるようにしましょう。グリップがヘッドよりもダウンスイング時に先に行っていれば、ダウンブローが上手く行えていることになります。

今回紹介した意識や練習方法を確認して、ダウンブローを習得しましょう!