初心者必見!ドライバーのスイングまとめ

キャリーを伸ばせば飛距離は必ずアップしますし、手首を軟らかく使えばヘッドスピードは上がります。また、連続した素振り練習も効果的で、緊張感をほぐすこともできます。

キャリーを伸ばせば飛距離は必ずアップする!

ドライバーショットでは、ダウンスイングでクラブヘッドがスイング円の最下点を過ぎ、フェースがやや上向きになったポイントでインパクトを迎えるのが理想です。

アッパーブローの軌道でヒットできれば、打ち出されたボールは高弾道でキャリーが出るため、結果として飛距離がアップします。飛距離不足の多くは、このキャリー不足が原因です。スイング軌道をアッパーブローに変えるだけで、10ヤードから20ヤードは違ってきます。

ドライバーショットはティーアッしたボールを打つため、左足かかとの延長線上にボールがセットされていれば、意識的にスイングを変えなくても自然にこの軌道でヒットできます

数回のワッグルで腕の力を抜こう!

ワッグルとはアドレスをとった後、手首を使って小刻みにヘッドを動かす動作のことです。上体の余分な力を抜いて、バックスイングをスムーズに行うための予備動作です。

緊張するとアドレスが長くなりがちで、バックスイングに入るまでに腕や肩に余分な力が入ってしまい、スッとクラブが上げられない人が多いです。静から動へのタイミングをつかむ意味でも、バックスイングの前には数回ワッグルを行い、上体の力みをとってからテークバックをスタートしましょう。

傾いたコマをイメージしよう!

飛距離を決定するのはヘッドスピードですが、これはスイング中にクラブヘッドが描く円弧の大きさに比例します。スイングのしかたで、この円弧を最大限にする方法があります。

その1つがバックスイングでのクラブの上げ方です。基本的にスイングの円弧は腕とクラブを足した長さによって決まります。左肩からクラブヘッドまでの距離が長ければ円弧は大きくなります。

バックスイングでは腕が縮まないように注意し、左腕とクラブを一体化させてクラブを上げていくことです。背骨を軸とした傾いたコマをイメージしましょう。手首やヒジを曲げずに上体の捻転でバックスイングすれば、スイングの円弧は自然と大きくなります。

連続素振り練習でヘッドスピードを上げよう!

ボールを遠くへ飛ばすために必要なのは「力」ではなくスイングの「速さ」であり、いかにクラブヘッドを素早く振りぬくかがロングドライブの秘訣です。

スイングのスピードを上げるためのポイントは、インパクトをゾーンでとらえ、フォロースルーのスピードが最大限になるようなスイングを心がける必要があります。

この感覚を体に覚え込ませるには、実際にボールを打つより連続した素振り練習が最も効果的です。スムーズにヘッドが走るようになるまで、繰り返し練習するとよいでしょう。なお、この連続素振りは緊張感をほぐす意味でも有効なので、朝イチのショットの前にも行いたい練習です。

今回紹介したポイントを確認して、ティーショットを成功させましょう!