初心者必見!ゴルフのフェースターンってなに?

フェースターンはダウンスイング時のフェースの動きで、ボールの飛距離と方向性に影響します。左手の使い方を意識することで、上手くフェースターンできます。今回は、フェースターンについてまとめました。

そもそもフェースターンって?

「フェースターン」は、ダウンスイング(振り下ろし)~インパクト(クラブヘッドとボールが当たる瞬間)にかけて、フェース(クラブヘッドのボールに当たる面)を半回転させる動きです。フェースターンは、ボールの飛距離と方向性に影響します。

真上からスイング軌道を見ると、フェースが「開いた状態」「正面を向いた状態」「閉じた状態」と半回転しながら弧を描きます。うまくフェースターンすることで、フェースが正面を向いた状態でボールを捉えられます。

フェースターンができるとどうなるの?

フェースターンができると、手首のスナップを使え、ヘッドスピードが出やすくなり、ボールの飛距離が伸びます。またスライス(ボールが意図せず右に飛ぶこと)などのミスショットが減ります。

インパクト時のフェースの方向は、ボールの回転と飛ぶ方向を大きく左右します。フェースが開いた状態でボールに当たると、ボールに右回転がかかりやすく、スライスが出やすいです。一方、フェースが閉じた状態でボールに当たるとフック(ボールが意図せず左に飛ぶミスショット)が出やすいです。

上手くフェースターンするには

上手くフェースターンするためには、左手の使い方が重要です。ダウンスイング時に、左手を捻りながら振り下ろすことで、フェースをしっかり回転できます。

グリップの握り方によって、左手の動きが変わります。構えた時左手の甲が真横を向く「ウィークグリップ」の場合、ダウンスイング時フェースが開きやすく、スライスが出やすいです。

左手の親指と人差し指の間が自分の顔を向くようにグリップを握ることで、フェースが正面を向いた状態でボールを捉えやすい、スクエアグリップになります。スクエアグリップを意識すると、ダウンスイング時に左手を捻りやすいです。

まとめ

フェースターンはダウンスイングからインパクトにかけたフェースの動きで、ボールの飛距離と方向性に影響します。フェースが正面を向いた状態でボールを捉えることで、まっすぐ飛ばせます。

フェースターンがうまくいかず、フェースが開いた状態や閉じた状態でボールに当たるとスライスやフックといったミスショットにつながります。左手の回転を意識し、グリップを改善することで、安定したフェースターンができます。

フェースターンを身につけて、飛距離と方向性をアップさせてみてはいかがでしょうか?