初心者必見!ゴルフのフェードボールの3つの打ち方

フェードボールは、ボールの打ち方の1つです。フェードボールを身につけるとゴルフの戦略の幅が広がり、スコアアップにもつながります。今回はフェードボールについてまとめました。

フェードボールとは?

フェードボールは、打ちだされたボールが落ち始めた時に右方向に曲がる打ち方です。ミスショットである、スライスが打ち出した時に右に飛んでいくのに対し、フェードボールは落ちる時に右に曲がります。

ゴルフコースにはバンカーや池など様々な障害物があります。自分のボールの位置と、目標地点との間に大きな木がある場合など、まっすぐ飛ばしても目標地点に届かない時、フェードボールを使って目標地点を狙います。

フェードボールを自在に打てるようになると、ゴルフの戦略の幅が大きく広がります。

打ち方1: スタンスとフェースに注意して構える

構える前にボールを打ち出す方向と、目標地点(最終的にボールを落としたい場所)を決めます。打ち出す方向は目標地点に対して、やや左方向になります。

両足を結んだ直線が、ボールを打ち出したい方向と平行になるようスタンス(構えるとき足の配置を決めること)します。スタンスの方向で、スイングの方向が決まるため、注意してください。

次にフェース(ゴルフクラブのボールに当たる面)の向きは、目標地点と打ち出す方向の間を向くように開きます。フェースを開いたら、強くゴルフクラブを握り直します。

打ち方2: スイングする方向が大事

フェードボールのスイングは、スイングする方向が重要です。多くの人が、目標地点に向かってスイングしがちですが、フェードボールのスイングでは、ボールを打ちだす方向に向けてスイングします。目標地点に向かってスイングすると、ボールが飛び出しから右に飛んでしまい(スライス)、飛距離も伸びません。

また、振り上げるときは、普段のスイングより外側に向って振り上げるように心掛け、振り下ろすときは体全体でスイングするようにしましょう。手だけでスイングしてしまうと、ボールに力が伝わらず、うまく飛ばなくなります。

打ち方3: スイングのコツは「体の回転」と「視線」にあり!

フェードボールを打つスイングには2つコツがあります。

・視線

打つとき、視線でボールの行方を追いがちな人が多いです。ボールの行方ではなく、インパクト(ボールとクラブがぶつかる瞬間)を見るよう、心掛けましょう。インパクトの瞬間を捉えることは難しいかもしれませんが、インパクト時の視線を強く意識することで、フェースが安定しコントロールしやすくなります。

・体の回転

フェードボールを打つときは普段のスイングより、少しだけ体の回転を速くするよう心掛け、振り下ろしを速くしましょう。

まとめ

フェードボールを身につけることで、障害物がある場合でも、好きな場所にボールを落とせるようになり、ゴルフの戦略の幅が広がります。これまで、障害物を迂回して余計に打数がかかったところを1打で対処できるようになりますし、スコアも向上していくでしょう。

フェードボールやドローボール(左に曲がる打ち方)を身につけると初心者卒業だといわれ、ゴルフがより楽しくなります。フェードボールを身につけて、スマートなプレーを目指してみてはいかがでしょうか?