初心者必見!ゴルフのフルスイング3つの基本

フルスイングは頭上近くまで振り上げ、背中まで振り抜く、振り幅の大きいスイングです。振り幅の小さいスイングとの最大の違いは、トップの高さとフォロースルーです。今回は、フルスイングについてまとめました。

「フルスイング」と「ハーフスイング」

ゴルフのスイングは、振り幅の大きさで区別できます。フルスイングは、頭上近くまでクラブを振り上げ、背中まで振り抜く、振り幅の大きいスイングです。ハーフスイングは腰のあたりまで振り上げ、腰のあたりまでしか振り抜かない振り幅の小さいスイングです。

振り幅が大きいスイングは、勢いは付けやすいですが、クラブのコントロールが難しいです。フルスイングはヘッドスピードが出しやすい分、ミスショットにつながりやすいです。

フルスイングはハーフスイングの延長といわれます。ハーフスイングで体の回転を使ったスイングを身につけてから、フルスイングの練習を始めることで、正しいスイングをスムーズに習得できます。

体の回転でトップまで振り上げる

フルスイングではクラブのコントロールが難しくなります。ハーフスイングで「体の回転を使ったスイング」ができていても、フルスイングでは手打ちになってしまう人もいるのでは?

フルスイングとハーフスイングの違いの1つは、振り上げる高さです。フルスイングでは頭上近くまで振り上げます。トップ(振り上げ切ったところ)が高く、ハーフスイングより振り上げる力が必要なため、腕の力に頼り手打ちになりがちです。

体の回転を意識して振り上げることで、手打ちを防げます。特にバックスイング(振り上げ)時、左肩が顎の下に来ることを意識すると、体を回転させられます。

フォロースルー

正しいスイングであれば、トップに比例して、フォロースルー(ボールを打ち抜いてからフィニッシュまで)も大きくなります。フォロースルーが上手くいかなければ、インパクト(クラブヘッドとボールが当たる瞬間)に影響し、ボールの飛ぶ方向が不安定になります。

スイングの勢いと遠心力を利用し、腕の力を使わずにフィニッシュにつなげるフォロースルーが理想的です。遠心力を利用するため左肘を伸ばし、腰を十分に回すことで理想的なフォロースルーができます。

まとめ

・フルスイングはハーフスイングの延長なので、ハーフスイングでスイングの基礎を身につけよう

・フルスイングでも体の回転を使い、振り上げる

・フォロースルーでは、スイングの勢いと遠心力を利用する

以上3点が、フルスイングの基本です。

フルスイングは振り幅の大きいスイングで、慣れないうちはミスショットが出がちです。しかしフルスイングができれば、ティーショットなどで飛距離を伸ばせます。

ハーフスイングで体の回転を使ったスイングを身につけたら、フルスイングの習得にも挑戦してみてはいかがでしょうか?