初心者必見!ゴルフのグリップの正しい位置はどこ?

グリップの位置は、ゴルフクラブの扱い方に影響し、ヘッドスピードやボールの方向性を左右します。自分に合ったグリップの位置を知ることで、スイングが改善します。今回はグリップの位置についてまとめました。

グリップの位置が変わるとどうなるの?

ゴルフクラブのグリップの握り方や握ること自体を「グリップ」と呼びます。左手の使い方や右手の重ね方によって、様々な種類のグリップがあり、グリップによってスイングは大きく変わります。

特にグリップの位置は、ゴルフクラブの扱い方に影響し、ヘッドスピード(クラブを振り下ろした時のクラブヘッドのスピード)とボールの方向性を左右します。一般的に、長く握ると遠心力でヘッドスピードが上がるが扱いにくくなり、短く握るとヘッドスピードが落ち扱いやすくなります。

正しいグリップの位置

アイアンやウッドを使う際、グリップエンド(ゴルフクラブの端)を1センチ~2センチ残してグリップするのが一般的です。

極端に長くグリップすると、ゴルフクラブが扱いにくくなるだけでなく、強く握らなければスイングできなくなり不格好なスイングになります。ゴルフクラブのグリップは、スイング中に抜けおちないように、グリップエンドにかけて太くなっており、グリップエンドを握るには力が要ります。不格好なスイングでは、ボールをうまく捉えることができず、ボールのコントロールが悪くなります。

また極端に短くグリップすると、遠心力が弱くなり、思いっきり振りにくくなるので、ヘッドスピードが落ちます。

特殊な場合のグリップについて

グリーン周りのアプローチショットやグリーン上でのパッティングなどでは、普通のストロークとは、異なるグリップをするのが一般的です。

アプローチショットでは、ボールの飛距離よりコントロールを重視することが多く、普通のストロークよりさらに短くグリップします。短くグリップすることで、飛距離もコントロールでき、正確なアプローチにつながります。

またパッティングでは、そもそもゴルフクラブの握り方が大きく違います。特に長尺パターという、普通のパターより長いパターを使う際は、左手でグリップエンドを抑え、右手でクラブを動かします。

まとめ

グリップの位置はボールの飛距離や方向性に大きく影響します。極端に長く握るのも、短く握るのもデメリットがあるため、グリップエンドから1センチ~2センチ残して握るのが主流です。アプローチショットやパッティングなどの特殊なショットでは、握る位置や握り方が変わります。

当然、体格など個人差があるため、グリップエンドから1センチ~2センチ残す握り方が合わない人もいるでしょう。様々な位置でのグリップを試して、自分にとって最適なグリップを見つけましょう!