初心者必見!ゴルフのヘッドアップってなに?

ゴルフのヘッドアップはボールの飛距離が落ちてしまうミスショットにつながりやすく、規定打数より多く叩いてしまう原因になりやすいです。今回はゴルフのヘッドアップの原因、スイング時のコツ、直すための練習方法をまとめました。

ヘッドアップってなに?

ヘッドアップとは、スイングする際に頭が起き上がることです。ゴルフのスイングの基本である前傾姿勢が、ヘッドアップにより後傾になるのでミスショットにつながりやすくなります。ゴルフのスイングにおけるミスはヘッドアップが占める割合が多いです。

ヘッドアップになることで、ボールがその場で跳ねてしまう、ゴロが出てボールの飛距離が落ちてしまうトップにつながります。トップなどのミスショットは、ホールの規定打数よりも大幅に叩いてしまうことが多いので注意しましょう。

ヘッドアップの原因

ヘッドアップになる原因は、目標地点を意識すぎることが主な原因です。アイアンショットやアプローチショットなどは、ピンへ近づけることが目的のため、ボールを当てる瞬間であるインパクト後すぐにボールの行き先やピンを見てしまいがちです。目標地点を意識しすぎることで目線が不安定になり、ヘッドアップにつながります。

また、ダウンスイング時に右足で地面を蹴る際、腰が回転していないと前傾姿勢が崩れ、ヘッドアップに繋がります。

ヘッドアップにならないためのコツ

ヘッドアップにならないためのコツとして、頭の位置を維持し前傾角度をキープすることがポイントです。頭の位置を維持、前傾角度をキープするためには、ボールの右斜め上あたりを見ながらスイングすると良いでしょう。アドレスでボールをずっと見ていると、打った後のボールが気になってしまうことがほとんどです。ボールが内右上あたりをずっと見ていると、ボールにずっと集中するわけではなくなるので、それほど気にならなくなり、リラックスしてスイングできます。

ヘッドアップを直す練習方法

ヘッドアップを解消するための練習方法は、打った後であるインパクト後で右肩がアゴにつくまで、しばらくボールがあった場所の芝を見続けるようにしましょう。この練習方法で、膝が伸びたり股関節が伸びたりせず、体が起き上がる心配はなくなり、体が起き上がる心配はなくなり、体がボールから遠くなる心配もなくなります。この練習方法でスイング時に上体が起き上がらない感覚を養えます。

また、大きく腰を下ろした状態、相撲のシコのようなフォームでスイング練習することで、ボールとの距離を変えず、ヘッドアップ解消につながります。

ヘッドアップはどのミスショットにもつながりやすくなる上体の動きです。今回紹介したことを確認し、練習してみては?