初心者必見!ゴルフのヒールアップ3つのコツ

ヒールアップとは、スイング中にかかとを上げることです。ヒールアップは体が硬い人におすすめの動作です。ヒールアップをすることで、飛距離が伸びることがあります。今回はゴルフのヒールアップのコツを3つまとめました。

ヒールアップとは、体が硬い人におすすめの動作

ヒールアップとは、テークバック時に左足のかかとを地面から浮かせる動作の1つです。ヒールアップを」しないで体を十分に回転させるには、体の柔軟性が必要です。そのため、体が硬い人で、十分な体の回転を得るためには、積極的にヒールアップを行いましょう。

ヒールアップは体の柔軟性不足を補うだけでなく、スイングのリズムを作ることができます。また、左足の踏み込み動作をスムーズに行えます。

スイングをシンプルに考える

ヒールアップをするコツはスイングをシンプルに考えることです。ゆっくりと体を動かしながらバックスイングをし、体重を右足へ移動させましょう。この時に左足かかとを上げます。ダウンスイングは下半身からスタートさせ、次に状態をひねり戻します。ダウンスイングの切り替えしの際に左足かかとを下ろしましょう。

スイングをシンプルに考えることで、ヒールアップの動作をスムーズに行えます。かかとを下ろすときはアドレス時と同じ位置に踏み戻しましょう。

スタンスを狭くする

ヒールアップをする際は、スタンスを狭くしましょう。スタンスを狭くすることでバックスイング時にヒールアップしやすくなります。バックスイングで左足、フォロースルーで右足とヒールアップすることで足の動きでリズムが取れるので、ゆっくりスイングすることができます。

ヒールアップをする際は、スタンスを狭くし、普通に歩くときと同様のテンポでスイングすると、ヒールアップしやすくなります。また、足の動きに合わせて腕を振ることで、バックスイングとダウンスイングのテンポが同じになります。

踏み下ろすときは注意が必要

ヒールアップした後のヒールダウン時は、つま先の方向を意識してヒールダウンしましょう。左足のつま先が目標方向を向いていた場合、左膝の向きも変わります。そのため、下半身を踏ん張れず左膝の向きの方向に左手が振られることにより、スイングの軌道が不安定になります。

ヒールダウンするときは、アドレス時の位置に左足をヒールダウンさせることで左手の正しい軌道を描くことができます。

体が硬い人はヒールアップをし、飛距離を伸ばしてみてはいかがでしょうか?