初心者必見!スライスにならないゴルフの「左の壁」ってなに?

スライスに悩む人も多いのでは?スライスは、スイング中に膝が左右に流れてしまう「スウェイ」が原因で起こります。「左の壁」はスウェイを治すために必要となる体の正しい使い方です。今回は「左の壁」を作るための方法をご紹介します。

スライスの原因は?

スライスは、打ちだしたボールが右方向に曲がってしまうミスショットのことです。多くの初心者の方がこのスライスから抜け出せずに悩んでいます。

スライスの原因の1つにテークバックやダウンスイングで膝が左右に流れてしまう「スウェイ」があります。特に初心者はインパクト(クラブヘッドがボールに当たる瞬間)で膝が左に流れてしまうスウェイが原因のスライスのミスを起こしてしまいがちです。

体が左に流れると、フェース(クラブヘッドのボールに当たる面)が開いた状態でボールに当たってしまう、スライスボールが出やすくなります。「左の壁」はインパクト時のスウェイを改善のための方法の1つです。

「左の壁」でスライスが治る?

「左の壁」は、スウェイを改善するための方法の1つです。左側に壁があるイメージでスイングすることで、真横に向かいそうなパワーが上に向かうため左に体重が流れ過ぎてしまうミスを防ぐことができます。

左側に壁があるイメージでスイングするとインパクトで体が流れることなく、体の回転に合わせてクラブヘッドがボール向かって鋭角に下りてきます。

その結果、スイング軌道がよりオンプレーンになり、フェースがスクエアな状態でインパクトを迎えやすくなります。また、フェースがボールに対してスクエアに当たるとボールはまっすぐ飛び、スライスも出にくくなります。

「左の壁」の作り方

「左の壁を作ることができれば、スライスが治る」といわれても、具体的にどうすればいいのか分らりませんよね?そこで代表的な練習方法を2つ紹介します。

1つは内股でのスイングです。スイング練習の際、普段より左足のつま先を内側に向けてスイングします。フィニッシュで一本足になる方の足のつま先を少し内向きにすることで下半身の自由な動きは制限されて、体が流れにくいスイングとなります。

もう1つは、足の裏でボールを踏んだ状態でスイングする方法です。フィニッシュで一本足状態になる左足の外側(土踏まず当たり)にボールを置き、そのボールをしっかり片足で踏んだ状態でスイングします。

「左の壁」は感覚的なものなので、以上2つのドリルを実践し、まずはどんな感じなのか体感してみると良いでしょう。