ゴルフ初心者の悩み!フックの原因と対策について(その1)

多くのゴルフプレイヤーを悩ませるフックですが、原因を理解すれば必ず克服できるはずです。今回はフックの原因と対策についてまとめました。

フックに多いのは手打ち!?

ゴルフのミスショットの原因のひとつがフックですが、なぜ起こるのでしょうか。フックはボールが左回転で飛んで行くことによって起こります。原因として一番多いのは手打ちです。引っ掛けるという言葉がありますが、インパクトの瞬間に手首を返してしまうことでクラブのフェースがややクローズになった状態になってしまい、強烈なスピンがかかってしまうのです。一度、手打ちになっていないかをチェックしてみると良いかもしれません。

身体全体で打つという感覚が大事!?

フックを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。まずは手打ちではなく、きちんと身体全体を使ったスイングを心がけることです。ポイントを一言で言えば、手首を使わないことです。全身の動きの中でボールを捉える感覚でスイングができれば、手首に頼るスイングにはなりません。腕に力を入れすぎず、リラックスしてきちんとインパクトすることを最優先しましょう。手打ちだと体の伸び上がりにも繋がってショットが安定しなくなりますので、全身を使うことをきちんと意識することです。

フックが多い人に特有のグリップとは?

グリップにも気をつけましょう。フックが多い方のグリップは左手の甲が上を向いていることが多いです。また、ハンドファーストを意識するあまり構えている時点で極端に手を前に突き出している場合もフックを生みやすいです。左手の甲は打球が飛んで行く方向に向けてグリップをしましょう。もしそのグリップに慣れていて修正が難しいようであれば、構えた時の手の位置をなるべく体の正面にしてみましょう。ちょっとした修正でもショットが改善することはゴルフではよくあることです。

尻ポケット打法でフックを矯正

尻ポケット打法という言葉を聞いたことはありますか?これは腰を使ったスイングを意識する練習方法の一つです。クラブを左手で持って、右手はズボン左側の尻ポケットを持ちましょう。そして左手一本でスイングをするのですが、ダウンスイングに差し掛かった時に右手はポケットを引っ張ります。そうすると腰がくるっと回転するのがわかります。この練習をすることで腰を使ったスイングを意識することができます。この練習はフック解消に効果的です。

徹底して全身を使うことを意識しながらスイングすることを心がけて練習を重ねていきましょう。