初心者必見!インパクトゾーンを長くする方法

インパクトゾーンはダウンスイングからインパクトにかけてフェースが正面を向く区間です。インパクトゾーンを長くすることで、ミスショットを減らせます。今回はインパクトゾーンを長くする方法をまとめました。

そもそもインパクトゾーンとは?

インパクトゾーンは、ダウンスイング(振り下ろし)の際フェース(クラブヘッドのボールに当たる面)が正面を向いた状態になる区間です。

フェースが正面を向いた状態でボールを捉えると、ボールはまっすぐ飛びます。インパクトゾーンが長くなることで、ミスショットが減り、方向性が良くなります。ミート率(スイングの力がボールに伝わっている程度を示す数字)が上がり、飛距離が伸びます。

プロゴルファー多くはインパクトゾーンがアマチュアより長く、特に松山英樹選手はインパクトゾーンが長く、ボールの方向性と飛距離に優れています。

フェースターンが基本

インパクトゾーンは、フェースターンができていることが前提です。ダウンスイング時スイングを真上から見ると、フェースが「開いた状態」「正面を向いた状態」「閉じた状態」と半回転しながら軌道を描き、このフェースの動きをフェースターンといいます。

フェースターンができなければ、スイング中フェースが開いたままだったり、閉じたままだったりし、うまくインパクト(ボールとクラブヘッドが当たる瞬間)できません。ダウンスイング時に左手を捻りながら振り下ろすことで、うまくフェースターンできます。

低く長いフォロースルーでインパクトゾーンを長く

インパクトからフォロースルー(ボールを打ち抜いてからクラブを振り抜く動作)にかけて、クラブヘッドを低く保ち、フォロースルーを長くすることで、インパクトゾーンを長くできます。

フォロースルーが高いスイングを真上から見ると、クラブヘッドが半円を描き、インパクトゾーンはボールと半円が接する1点になります。フォロースルーを低く保つ意識でスイングをすると、スイング軌道が楕円形に近くなり、インパクトゾーンが伸びます。

まとめ

インパクトゾーンは、ダウンスイングからインパクトにかけてフェースが正面を向いている区間で、長くすることでミスショットを減らせます。また、フェースが正面を向いた状態でボールを捉えやすくなることで、ボールの方向性と飛距離も上がります。

インパクトゾーンはフェースターンができているのが前提となります。フェースターンができていなければ、フェースが正面を向いた状態でボールに向かわず、うまくインパクトできません。またフォロースルーを長くし、クラブヘッドを低めに保つことで、スイングを楕円形に近づけインパクトゾーンを伸ばせます。

インパクトゾーンを意識して、ミスショットを減らしてみてはいかがでしょうか?