初心者必見!アイアンでトップになる場合の3つの直し方

トップは、スイング中にボールとの距離が離れることで起こるミスショットです。トップを直せれば、2打目3打目で躓くことが減るため早くグリーンに近づけます。今回はトップの直し方についてまとめました。

トップの主な原因

トップはボールの上の部分を打ってしまい飛距離が出ないミスショットです。トップはスイング中にボールとの距離が離れることで起こります。スイング中にボールとの距離が離れる主な原因は以下の3つです。

・目標方向を見ようとして頭があがる

・スイング中に上体が上がる

・ボールを高く上げようとしてすくい打ちになる

スイング中に上体が上がる場合は前傾姿勢が崩れていることが多いです。スイング中の前傾姿勢を維持するには、アドレス時に正しい姿勢を作っていることが重要です。

1.目線を低く保つ

アイアンは、ドライバーと異なり飛距離より方向性を重視します。そのためボールの行方が気になり、視線があがりヘッドアップになりがちです。

アドレスの時点から目線を低くすることでヘッドアップを防げます。アドレスし目標方向を確認するときの目線を地面と平行か、やや下を向くようにし、打ちぬいた後のフォロースルーでも同じ高さを維持します。

また目線の高さを意識する以外には、インパクト時左目でボールを見ることも有効です。目標方向と逆側の左目で見ることで、頭が残りやすくヘッドアップを防げます。

2.ダウンスイングでしっかり体重移動する

ボールを高く上げようと意識すると下から上に打ち上げるすくい打ちになりがちです。ダウンスイングでの体重移動を意識することで、すくい打ちを防げます。

正しい体重移動は、バックスイングで右足に、ダウンスイングで左足に体重を移動させます。ダウンスイングで右足に体重が残っていると、体の軸が右側に傾き、すくい打ちになります。ダウンスイングの際に左足を踏み込むことと、右足で地面を蹴ることを意識すれば体重移動がしやすいです。

3.低めのフィニッシュを心掛ける

すくい打ちを防ぐ他の方法として、フィニッシュを低くすることが効果的です。インパクト後もクラブヘッドを低く出す意識を持つことで、ダウンブローに打て、力強い球が出ます。

フィニッシュが高い位置になると、スイングの最下点がボールの手前に来やすいのですくい打ちにつながります。逆にフィニッシュを低くすることで、スイングの最下点が奥に行き、ダウンブローに打ちやすいです。

トップは飛距離が出ないミスショットなので、確実に1打失います。アイアンでのトップを直せば、2打目3打目で躓くことが減り、早くグリーンにたどり着けます。トップが出がちな人は、今回の3つの直し方を参考にスイングを改善してみてはいかがでしょうか?