初心者必見!アイアンでトップになる3つの原因

トップはボール上部を打ってしまうミスショットです。足場の良いフェアウェイのような場所でトップが出る人はスイングに問題があることが多いです。今回はアイアンでトップになる原因をまとめました。

トップになるメカニズム

トップはボールの上の部分を打ってしまい、ボールが飛ばないミスショットです。トップはスイング中に、ボールとの距離が離れることで起こります。ボールとの距離が遠くなったため、スイング軌道がずれ、ボールをうまく捉えられずにトップになります。

アドレス時の高さでボールを捉えられれば、トップにはならず、ボールをまっすぐ飛ばせます。フェアウェイからのショットでトップが出る人は、スイングに原因があることが多いです。

原因1 :ヘッドアップしてしまう

ヘッドアップとは、スイング中に頭が上がってしまいスイングのフォームが崩れることです。ヘッドアップは目標方向を意識しすぎて、視線を上げた結果起こります。アイアンでのショットは、ドライバーと違い飛距離より方向性が重要なので、ボールの行方が気になりヘッドアップになりがちです。

ボールを打ち抜くまで視線を動かさず、頭を上げないことが重要です。打った後右肩があごに当たるまで、ボールがあった場所の芝を見るように意識することでヘッドアップを防げます。

原因2 :上体が起き上がってしまう

スイング中に上体が上がると、ボールとの距離が離れ、トップにつながります。バックスイング時に上体が上がる人はアドレス時の姿勢に問題があることが多いです。アドレス時に猫背だと、背中を曲げて無理に前傾姿勢を作るため、バックスイング時に姿勢が崩れがちです。背筋を伸ばし、股関節から上体を曲げるイメージで前傾姿勢を作ることで、上体が上がるのを防げます。

原因3 :高く上げようという意識

ボールを高く上げようとすると、下から上に打ち上げるすくい打ちになり、トップにつながります。すくい打ちはスイングの最下点がボールの手前に来るため、インパクト時はボールの上部にスイング軌道が来ます。結果として、トップやダフリといったミスショットにつながります。

アイアンはロフト角が大きいため、正面からボールを捉えればボールが高く上がります。むしろ、アイアンではダウンブローで打つのが一般的です。

トップは飛距離がほとんど出ないミスショットなので、確実に1打無駄になります。トップを改善することで、スコアアップにつながります。トップが出がちな人は、今回の3つの原因に心当たりがないか確かめてみてはいかがでしょうか?