ゴルフ初心者のためのアイアンの3つの練習方法

アイアン初心者は7番アイアンから練習すべきです。7番アイアンで正しいスイングとボールを捉える感覚を身につけられれば、長いゴルフクラブも扱えるようになります。今回はアイアンの練習方法をまとめました。

初心者が最初に練習すべきなのは7番アイアン

初心者が最初にスイング練習すべきゴルフクラブは7番アイアンです。7番アイアンの長さはアイアンの中でちょうど中間に位置し、長いゴルフクラブにも短いゴルフクラブにも共通するスイングの基本を身につけられます。

ゴルフ練習場で低めにティーアップしたボールを7番アイアンで打つ練習が初心者にはおすすめです。地面に直接あるボールはティーアップされたボールより打ちにくく、ボール手前のマットを打ってしまうことがあります。マットを打つのを恐れ思い切りスイングできない人もいるため、最初は低めにティーアップしたボールで慣れましょう。

1:グリップの仕方を意識する

正確なグリップの握り方を身につけることでミスショットの少ないアイアンショットを身につけられます。スイングがどれほど綺麗でも、間違ったグリップではインパクト時にフェースが左右にぶれるので、スライスやフックなどのミスショットがでやすいです。

ゴルフクラブの握り方は、右手の小指が左手に重なる握り方の「オーバーラッピング」が一般的です。また初心者はフェースが正面を向きやすい「スクエアグリップ」か、スライスを抑えられる「ストロンググリップ」がお勧めです。

2:大きく振らない

スイング練習をするときはハーフスイングを心掛けましょう。ボールをしっかりと見て小幅なスイングで打つ練習をすることで、しっかりとクラブがボールに当たる感覚を身につけられ、ボールの芯を捉えまっすぐ飛ばすスイングが身につきます。

最初からフルスイングのように大きな振り幅でスイング練習をすると、手先でクラブをボールに当てようとし、手打ちが癖になります。手打ちはスイング軌道が安定せずミスショットにつながります。

最初は小さな振り幅で練習し慣れてきたら徐々に大きな振り幅にしていくことで、最終的に大きいスイングも身につけられます。

3:アドレスを見直す

何球も打っているとミスショットがでますが、スイング自体ではなくアドレス(構え)を見直すことでミスショットを直せることがあります。特に以下の点ができているか確認しましょう。

・正しいグリップができてるか?

・前傾姿勢が崩れていないか?

4:目標に向かって平行に立っているか?

前傾姿勢の崩れると上半身が起き上がり、インパクト時のスイング軌道を上下にぶれさせます。手元でスイング軌道を修正しボールを打とうとするので、手打ちになります。

また目標方向に向かって平行に立っていなければ、クラブがボールの横から当たりミスショットにつながります。これらの点を確認し修正することでミスの少ないスイングにつながります。

7番アイアンで正しいスイングとボールを捉える感覚を身につけたら、もっと長いゴルフクラブにも挑戦してみましょう。