初心者必見の練習方法!ゴルフの片手打ちドリルの重要性

ゴルフの片手打ちを行うことで、スイング軌道が安定する体主体のスイングを習得できます。今回はゴルフの片手打ちドリルの重要性をまとめました。

片手打ちの重要性

片手打ちとは、ゴルフクラブを片手で打つ練習です。片手打ちの練習をすることで、体主体のスイングができます。また、どのゴルフクラブも上手くスイングしやすくなります。

片手でゴルフクラブをスイングすることで両手だと持ち上げられたクラブが、持ち上がりにくくなります。そのため、体を使うことでゴルフクラブが上がり、体主体のゴルフスイングを習得できます。スイングを安定させる遠心力の感覚も養うこともでき、スイング軌道が安定します。

片手打ちで上手く打つ必要はない

片手打ちは体主体のスイングを習得する練習方法で、手や腕だけでゴルフクラブを振る手打ちを直すためのものです。そのため、ナイスショットを気にするのではなく、片手でゴルフクラブを振り、クラブの軌道を安定させることを意識しましょう。

片手打ちで練習する際、右脇を締め、体の回転と腕の振りを同調させるのを意識してスイングしましょう。常にグリップエンド(グリップの端)がおへそを指すよう意識しましょう。右脇を締め、体の回転と腕の振りを同調させるのは、スイングの大きさに関係なく意識することが重要です。

片手打ちの練習方法

片手打ちは右手・左手両方練習しましょう。

右手は、右手1本でクラブを持ちます。右肘をたたんでトップの位置を迎えた後は、トップの位置でできた右手首の角度をキープしながらインパクト(ボールが当たる瞬間)からフォロースルー(ボールが当たった後のスイング動作)でクラブを振り抜きましょう。

左手は、親指をシャフトの真上に来るように置きましょう。フォローでは、左手の手首が甲側に折れないよう意識してスイングします。

どちらもクラブを短めに持ち、素振りに慣れてきたら実際にボールを打ちましょう。

片手打ちドリルの注意点

片手打ちは「ハーフスイングから始める」「目的を間違えない」よう意識して練習しましょう。

片手打ちは手打ちを直す練習方法のため、最初からフルスイングをする必要はありません。フルスイングスイングは、軌道が不安定になり誤ったスイングを習得する場合があります。

片手打ちは手打ちを直すだけでなく、スイング中の右腕と左手の使い方を覚える練習です。体の使い方を覚えるよう意識してスイングしましょう。

片手打ちは、スイング軌道を安定させる練習方法の1つです。今回紹介したポイントを確認し、ショットを成功させましょう!