初心者と呼ばれるのは嫌!ゴルフの正しい構えをするコツは?

ゴルフを始めるとどうしてもスイングに目が行きがちですが、スイングを作る基本はスイング前の構えです。今回はゴルフの正しい構えをするコツについてまとめました。

鏡で自分の構えを確認することの重要性

ゴルフではスイング前の構えが重要とされています。ここを疎かにするとスイングそのものが台無しになり、飛距離が出なかったり打球がまっすぐ飛ばなかったりして、スコアが伸びません。そこで、日頃から自分の構えを意識してみましょう。まず、鏡に自分の姿を写し、自分の目で確かめてみてください。おそらく、自分が思っているのとは少し違っているのではないでしょうか。まずは自分がイメージしている姿と実際のギャップを認識するところから始めましょう。

スマホやデジカメを活用しよう!自撮りで見える改善点

スマホやデジカメを使って自分の構えを撮影するのもいいでしょう。様々な角度から撮影することで前傾角やスタンス、グリップ位置など実に多くのチェックポイントを確認することができます。自分の姿を写真に残すことでそれを元に他人からアドバイスをもらいやすくなりますし、自分自身で客観的に分析することもできます。ゴルフ初心者のうちはレッスンや本などで正しいフォームを教わるかと思いますが、その内容が実践できているかをじっくり確認してみましょう。

他人の構えをよく観察するメリットとは

他人の構えをじっくり観察しましょう。そうすることで自分ではなかなか気づきにくい部分が見え、フォーム改善のヒントが得られるでしょう。構えている姿は基本的に同じように思われるかもしれませんが、スタンスやグリップなど、細かい箇所に目を配ると人それぞれ異なることがわかります。そのため、共通している部分は積極的に真似をし、違っている部分は自分に取り入れられないかと試してみるのです。そうすることで、より自分に合った形が見つかるかもしれません。

プロの構え方から学ぶべき

一番参考にしやすいのはプロでしょう。やはり第一線で活躍しているプロ選手は基本に忠実で正しい構えをしているものです。したがって、そうした方を参考にすることで正しい姿勢を身につけることができるようになるでしょう。体格や筋肉量の違いなどもあるため、完全に真似をすることには注意が必要ですが、チェックポイントをきちんと抑えるためにはプロをじっくりと観察し、分析して取り入れると良いでしょう。

構えを決して軽視せず、プロなどの他人から学んで自分に馴染む形を作れるように日頃から意識しましょう。