軸足が大事!ゴルフ初心者が学ぶべき右足の使い方とは?

ゴルフで安定したスイングを行うには軸足の使い方が重要です。特にバックスイング時にしっかりと体重を右足に移動して踏ん張ることが大切です。インパクト後にはスムーズな左足への体重移動がフォームを美しくします。自分のフォームをビデオで確認することも有効です。

スイング時の右足の踏ん張りの重要性

どんなスポーツを行うにも軸足が大切です。ゴルフでも右利きであれば右足が軸足です。軸足となる右足で、しっかりと体を支えることが重要です。 しっかり体を支えることができると「ドライバーショット時にボールを安定して遠くに飛ばすことができる」と、石川遼選手も発言しています。クラブはある程度の重さがあるため、スイングしたときには遠心力にて体が左右に振られてしまいます。この振れをしっかりと右足でホールドするのです。テイクバックのピークでフラフラとしてしまう人はいないでしょうか?そんな人は、しっかりと右足が踏ん張れていません。軸足をきちんと踏ん張るとテイクバックからインパクトまでが飛躍的に安定します。

バックスイングの時の右足はどうすれば良い?

バックスイングの時はほぼ全体重を右側の足に乗せるイメージになります。分野は異なりますが、野球のホームラン王である王貞治選手が一本足打法を採用していたのは、このイメージをつけるためです。また、バックスイングの間も右ひざを軽く曲げておくことがポイントです。アドレス時とテイクバック時でひざの角度が変わってしまうと、ヘッドがスムーズにボールに当たらなくなります。初心者はテイクバック時に右ひざが伸びてしまうことがあります。その場合の多くは、腰のまわし過ぎが原因です。

ダウンスイングの時の右足はどうすれば良い?

ダウンスイング時には、スムーズに右足から左足への体重移動が重要です。ダウンスイングを行いながら、徐々にひざを伸ばしていくイメージです。この時には、右ふくらはぎと右太ももの内側の筋肉を伸ばすことをイメージしてスイングすると力強いスイングです。力の入れ方のコツをつかむには、バックスイングのピークの時点で、右足のかかとに体重を乗せて、そのままの状態でダウンスイングを行い、インパクトするとよいです。また、腰の位置が左右に振られないように維持しておくことも大切です。

自撮りが重要?右足の動きを自分で知るには?

右足を上手に使用したスイング方法は、文章で読んでイメージがつかめたとしても、実際に体を動かして実現するのは難しいです。きちんとできているかどうかは、ビデオカメラを使用して自撮りするのが有効です。最近の打ちっ放し練習場では、スイング解析機をレンタルしているところもあるので、利用するのも良いかもしれません。自分のスイングを動画で見られるうえ、スイング解析データも取得できます。画像として第三者的視点で右足のひざの曲がり具合など確認すれば問題点も見えてきます。