初心者必見!ゴルフのスイング時の右肩が下がる4つの原因

スイング時にの右肩が下がると、元のスイング軸に戻すのが難しくなり、ミスショットにつながりやすくなります。今回はゴルフのスイング時に右肩が下がる原因を4つまとめました。

グリップを右手で下ろしている

右肩が下がってしまう原因として、グリップを右手で下ろすことに専念している可能性が考えられます。ゴルフは右手はグリップに添えるだけで、左手主導で打つスポーツです。そのため、右利きの人は左手でボールを打つ感覚が掴みづらいため、右手でボールを当てに行ってしまいます。

右手主体でボールを打ってしまうと、ボールは安定して飛ばなくなってしまいます。そのため、左手主導でボールを打つには、下半身の動きが重要になります。スイング時は右手ではなく、左手一本だけで打つよう意識しましょう。

右膝が曲がりすぎている

右膝が必要以上に曲がり過ぎると、右肩が下がってしまうことがあります。右膝が曲がることで、膝の高さが変わってしまいます。アドレス時で作った両膝の高さは大切な土台なので、右膝が曲がることで土台も傾いてしまいます。土台が傾くと上体を真っ直ぐにしようとしても難しくなるので、右肩が下がりやすくなり、飛距離が落ちるダフリ、ボールが右方向へ飛んでしまうシャンクの原因にもつながってしまいます。

ボールを右側に置くことで右肩が上がりやすくなり、右肩が下がりすぎているのを解消できます。

スイング軌道がインサイドアウトの軌道になっている

右肩が下がりすぎてしまうのは、スイングの始動が内側(イン側)終わりが外側(アウト側)のスイング軌道であるインサイドアウトの軌道が原因の場合もあります。インサイドアウトの軌道は、スイング軸が右に傾き、右肩が下がりやすくなってしまいます。また、ダウンスイングで腰の左への動きが大きくなってしまうので、右肩が下がりやすくなります。

インサイドアウトの軌道は、右に軸を傾けないようにするため右脇や肘を体にくっつけないよう意識しましょう。左肩が上がりにくくなり、上下の運動ではなく回転運動になるのでスイング軸が右に傾きにくくなります。

頭を残しすぎている

頭をスイング時に残しすぎていると、右肩が下がりすぎてしまうことがあります。頭を残しすぎると、スイング軸が右側に倒れます。正面からスイングフォームを見ると、逆くの字になっているため、右肩が下がってしまいます。倒れてしまったスイング軸を元に戻すのは難しいため、スイング軸が不安定なままボールを打ってしまうのです。

頭を必要以上に残さないためには、ダウンスイングに入る切り返しの段階で必要以上に力まないのがポイントです。

今回紹介した4つの原因を確認して、正しいスイングを身につけましょう!