初心者必見!ランニングアプローチのメリットと打ち方

ランニングアプローチは、上級者はもちろん、ゴルフ初心者やスコアをまとめたい方など、ゴルファーにとって必須の技術です。今回は、ゴルフ初心者でも簡単にできるランニングアプローチの打ち方やそのメリット、使うタイミングについて解説します。

ランニングアプローチとは

ランニングアプローチとは、打球を上げてピンに寄せるのではなく、打ち出しから転がす(ラン)ことによって、通常のアプローチよりも方向性を整え、かつ直接カップインを狙う場合によく使用するアプローチショットのことです。短い距離であればあるほど効果を発揮するアプローチショットであることから、プロはもちろんのこと、上級者から初心者まで幅広いレベルのゴルファーが知っておく基本のアプローチショットでもあリます。

プロやトップアマの間では、ランニングアプローチはある程度の技量があれば、最もピンに寄せやすいショットであることが知られていいます。狙ったポイントに安定的に転がすことができるランニングアプローチは、ボールの転がる距離を予想しなければならないという点では、かなり経験が求められるショットであることは間違いありませんが、確実にミスなくボールをピンに寄せるテクニックとしては、最も簡単な方法であることは間違いありません。

ランニングアプローチの打ち方

ランニングアプローチの打ち方は、ざっくりいえば強めのパターでピンにボールを寄せるといった感覚に似ています。

アドレスはスタンスを若干、狭めにしてオープン気味に、かつボール位置はやや右寄りに置いた方が良いでしょう。フェース面はややクローズした状態で構えると、転がりの良いボールを打つことができますが、ロフトは寝かせるのではなく、やや立てた状態でハンドファーストのインパクトを心がけましょう。

スイング中は体重移動を制限し、全体重を左側に乗せた状態で時計の振り子運動のように、パターのストロークのようなイメージを持ってスイングします。上述したように、初めはパターを振るかの如く、クラブの重さのみで振り、転がすイメージを掴むことから始めることが大切です。

ランニングアプローチのメリット

前述したように、ランニングアプローチの最大のメリットは通常のアプローチショットよりも安定的に狙ったポイントに寄せられる確率が高まる点にあります。また、狙ったポイントからズレても、ダフり、トップ、テンプラといったミスショットは発生しづらく、スコアをまとめる為には必須のテクニックであることは間違いありません。

アプローチショットは、ピンに正確に寄せるイメージを掴む為にも、ボールを素手で持ち、下手で投げる練習を繰り返すと、より距離感が掴みやすくなると言われています。特にランニングアプローチの練習には、下手投げの反復トレーニングが有効です。低く前にボールを出すこと、方向性を安定させること、ボールを目的とする場所へ落とす感覚は、下手投げトレーニングによって、容易に理解できると思います。

ランニングアプローチを使う機会

ランニングアプローチの打ち方と下手投げの関係で説明したように、正確さと安全さを求める時、例えば花道付近からのショットでカップまで障害がない時や、林から脱出する場面など、絶対にミスショットをしてはならない場面などでよくランニングアプローチが使用されます。特に初心者は、転がすべきか普通に打つべきか迷ったら、絶対に転がすことをオススメします。また、上級者においても、どんなに調子が良く、スイングが安定している時でも、迷いが生じてしまうとミスに繋がります。そんな時は迷わずに転がしましょう。手元のコンマ数ミリのズレは300ヤード先では数メートルになります。

アプローチはかなりピンポイントに狙う場面ですから、ほんの僅かなズレも無くさなければなりません。初心者の場合はそもそも正確なショットなど打つことはできませんから、そんな時は、少しでもミスのないショット、狙った位置に打つことができるショットを狙っていくべきではないでしょうか。