初心者必見!ゴルフでの肩甲骨の使い方

肩甲骨をスイング時に上手に使えるようになると肩周りの可動域が広がります。可動域の広がりはスイングアーク拡張につながり、最終的にはヘッドスピード工場による飛距離アップが期待できます。また、プレー前に肩甲骨ストレッチを行うことで肩や腕の疲労軽減できます。今回はゴルフでの肩甲骨を使ったスイングのコツ、練習方法をまとめました。

肩甲骨を上手く使うことでミスを防げる

肩甲骨を上手に使えるようになるとスイング中の肩の開きが抑えられ、打ち急ぎによるスライスやトップといったミスショットを防ぐことができます。スイングは肩を上下ではなく、左右に動かします。肩を左右に動かすためには、肩甲骨を柔らかく動かす必要があります。

ゴルフスイングというのはバックスイング(クラブを引く動作)では右肩の肩甲骨を引き、逆にダウンスイングでは左肩の肩甲骨を引くようにして両肩をスムーズに動かす動作が入ります。肩甲骨を左右に柔らかく動かせるようになると手や腕といった小さな筋肉でクラブをコントロールするのではなく大胸筋や腹筋といった大きな筋肉も使ってスイングする感覚が自然と身につきます。

大きな筋肉を使ってクラブを動かそうとすれば手打ちによる打ち急ぎや振り遅れといったミスは基本的には起こりえません。また、大きな筋肉を使うと自分のリズムでゆったり触れるので手や腕に力を入れずともこれまでより強いパワーを楽にボールへと伝えられるようになります。

肩甲骨を使ったスイングのコツ

肩甲骨を使うことを意識してスイングしたい時はとりあえず瓦割りをイメージしながらスイングしてみましょう。瓦割りをする時の肩甲骨の動きというのは左右の肩をしっかり後方に引き入れ、しっかり回旋させて蓄えた両肩のエネルギーを前へと突き出す動きで腕に伝えて瓦を割ります。

ゴルフスイングもこれと同じような要領で肩から腕へとエネルギーを伝えながらクラブヘッドを走らせてボールを遠くへ飛ばします。この瓦割の動きは肩の十分な回旋と腕へのスムーズな伝達という動きはゴルフスイング時の肩甲骨の使い方と全く同じ動きといっても過言ではありません。バックスイングでは左手で瓦割りをするイメージ、ダウンスイングでは右手で瓦割りをするイメージで何回か両肩を動かして見てください。おそらく多くの方は両肩はここまでダイナミックに動かしていいものなのか、または自分はあまり両方を動かしてスイングできていなかったのだなといった感想をお持ちになるのではないでしょうか。

瓦割りをイメージして両肩を動かすスイングを実践することで、自然と肩の上下左右の運動と何かが理解でき、上体がよく回るようます。体を回すのはボールを遠くに飛ばすための重要なファクターのひとつですが、それを理解できている人は本当に少ないと感じます。肩甲骨ってどうやって使うんだろうと思った方はまずは瓦割りを試してみてください。

プレー前のストレッチでも肩甲骨は大切

肩甲骨を中心にストレッチをすることで肩甲骨が柔らかくなり、捻転が大きくなります。肩甲骨なしなやかな動きはボールへより強いパワーをスムーズに伝えることになるので飛距離アップが期待できます。プレー前は入念な肩甲骨ストレッチが特に重要です。加齢とともに人間の関節はどんどん硬くなりますのでシニア世代のゴルファーは特に肩甲骨周りのストレッチが重要になります。

肩甲骨の前後の可動域を広げるストレッチは例えば以下のような方法があります。

  1. 両手でクラブを真横一文字に握り、そのままの上体で腕を背中の方に回す。片方の肩甲骨ずつ伸ばしたい時はクラブを縦にして反対の腕で真下に引っ張る。

2. 壁に手をつけて両腕をまっすぐのばす。そのままの姿勢のまま前傾を深くするイメージで頭を下にしたまま、上体だけヨガの猫のポーズを取る。

どちらのストレッチも特に特別な道具を使うということはないので練習前やラウンド前の準備運動に取り込んでしまえば、簡単に肩甲骨を伸ばすことができます。単純な動きですが、効果はてきめんです。ストレッチを行うことですぐに体全体がポカポカしてきますし、クラブを振ったときに明らかに肩周りがいつもより楽に動くことを実感できるはずです。

自宅で時間がある場合にゆっくりと肩甲骨を伸ばすストレッチとしては例えば以下のうような方法もあります。

3.ペットボトル(2L容量)に水を満タンに入れ、両腕をまっすぐ伸ばした状態で正面で持つ。そのまま両手を真上に上げながら、徐々に後ろの方に手を回す要領で回旋させてもっていけるところまで回してゆっくりとまっすぐ伸ばした状態に腕を正面に持ってくる。

3のストレッチは自宅でも簡単にできるのでお風呂上がりなど、自宅でリラックスしている時に行うとより効果的です。はじめはあまり重すぎるペットボトルを使うと肩に負担がかかるので500mlのペットボトルや水を半分入れた2Lなどでお試ししてみることを強くおすすめします。

肩甲骨を使ったスイングの感覚を掴むための練習方法

肩をしっかり回旋させてバックスイングするという感覚は一度要領を覚えてしまえばなんともない動作なのですが、慣れるまでにはある程度の練習と訓練が必要になります。

そもそもどういう感覚なのかがわからないといった場合には肩甲骨周りや腕の筋肉の使い方が馴染まず、筋肉痛に悩まされるといったこともあるかもしれません。

上級者やレッスンプロなどは肩の回旋がうまく行っていない時によく肩の入りが浅い。テークバックでもっと肩を深く回さないとなどといった表現をすることがありますが、それがどういった感覚なのかがよく分からないという方は以下のドリルを試してみてください。

まず、練習場では「椅子」に座ってバックスイングをしましょう。使う椅子は何でも結構ですが、打席に置いてあるベンチを使用する際は許可が必要になることもあるのでそういった場合は椅子を使わずに両膝を立てた状態でボールの前でスイングすることで椅子に座って打つ時と全く同じ状態を作り出すことができます。

このドリルで意識すべきことは肩の入りが浅くならないように両肩をしっかりバックスイングで回旋させること。そのためにはアドレス時の右肩がある位置にバックスイングで左肩をしっかり持っていくこと。

さらに、この時に下半身が左右に動いてしまうと肩の回旋ではなく、膝の曲げ伸ばしによって肩が回ったように錯覚してしまうので下半身をどっしり固定させた状態で両肩をグルっと回転させることを意識しましょう。

肩を回す動作を行う際は右肩を後ろに引くようなイメージで右の肩甲骨を後ろに強く引くことをイメージすると「入り」がぐっと深くなります。

体の捻転が大きくなると脇腹や腹筋といった大きな筋肉、そして肩甲骨周りの筋肉がしっかり「張る」感覚がつかめてくるはずです。そういった感覚がつかめてくるとそこまで思いっきりクラブを振らなくてもボールはそこそこ飛ぶ、ヘッドスピードもそれなりに上がってミスも少なくなる。そういったイメージでクラブを振れるようになるはずです。肩甲骨の使い方や両肩をしっかり回すってどういうことなんだろうと悩んでいる方はぜひ今回紹介したドリルやストレッチを試してみてください。