初心者必見!ゴルフでの傾斜の練習方法

初めてラウンドした時に、ゴルフコースの傾斜に苦しめられた人もいるのでは?実は、練習場でも傾斜地からのショットの練習ができます。今回は傾斜地からのショットの練習方法をまとめました。

傾斜からのショットが難しい理由

ゴルフコースには傾斜があり、常に平らな状態で打てる練習場とはショットの感覚が異なります。初めてラウンドするとき、傾斜からのショットに戸惑う人も多いのではないでしょうか。

傾斜からのショットが難しいのには2つの理由があります。1つは平らな練習場でのショットとボールと体の相対的な位置関係が異なることで、ボールを正確に捉え難くなるからです。もう1つは足元が不安定なため体の回転運動が難しく、スイング軌道が安定しないからです。

基本的には、斜面に対しいて垂直に立ち、ボールをスタンスの中央かわずかに右寄りにおいてコンパクトなスイングで打つことで対応します。

1:傾斜の種類と対策を覚える

傾斜には大きく分けて4種類あります。

1)左足上がり(目標に向かって上り坂)

2)左足下がり(目標に向かって下り坂)

3)爪先上がり(ボールが自分の爪先より上にある斜面)

4)爪先下がり(ボールが自分の爪先より下にある傾斜)

左足上がり、左足下がりの場合は、地面に対して垂直に構え、バランスを崩さない範囲でスイングすることを心掛けます。

一方、爪先上がり、爪先下がりの場合は、ボールとの距離が変わるためそれに合わせて姿勢を変えます。爪先上がりではボールが近くなるためスタンス幅を小さくして距離を調節し、爪先下がりではボールが遠くなるのでスタンス幅を広くし前傾姿勢を深くします。

2:ボールの位置を変えて打ってみる

ボールの位置を変えて打つことで、練習場でも傾斜地からのショットの練習ができます。ボールの位置を変えることで、傾斜地でのボールと体の位置関係に近づけられます。

左足下がりの傾斜の練習は、ボール位置を通常よりボール数個分左へずらし打ちます。左足下がりの傾斜ではボールの位置が下がり、インパクトする地点が左にずれます。そのため平らな地面でもボールの位置を左にずらして練習することで、左足下がりの傾斜地で出るミスショットが出やすい状況になり、その状況でミスなく打てれば傾斜地でも対応できます。

左足上がりの傾斜の場合は、ボール位置を右へずらし行います。同様に爪先上がり、爪先下がりへの対応にはボール位置も前後にずらして打つことで練習できます。

3:ティーアップして打ってみる

爪先上がりの傾斜地でのショットの練習には、ティーアップして打つ練習がお勧めです。爪先上がりでは、ボールと体の距離が近くなります。ボールを高くティーアップして打つことで、擬似的に傾斜地のボールと体の位置関係でのショットを練習できます。

当然ですが、最も有効なのはゴルフコースにある実際の傾斜地で練習することです。しかし、ラウンドレッスンは時間も費用もかかるため気楽に受けられません。ラウンド中に課題を見つけ、練習場で改善していきましょう。