初心者必見!ゴルフのスクエアグリップってなに?

スクエアグリップは、クラブの握り方の1つで、最もスタンダードな握り方であり、初心者にオススメの握り方です。今回は、初心者におすすめのスクエアグリップについてまとめました。

スクエアグリップって?

スクエアグリップは、ボールをまっすぐ打ちやすい握り方です。

初心者は意識したことがないかもしれませんが、クラブの握り方は、ボールの飛び方を決める非常に重要な要素です。グリップの仕方でインパクト(クラブがボールに当たる瞬間)時の、フェース(ゴルフクラブのボールに当たる面)の向きが変わり、ボールの飛ぶ方向が変わります。

グリップの仕方でゴルファーの持ち球(よく出やすい球筋)が決まります。自分のスイングに合っていないグリップの仕方では、飛距離が伸びないということになりかねません。

スクエアグリップの特徴

スクエアグリップは、フェースがボールに対して直角(スクエア)にぶつかる握り方です。フェースがボールにまっすぐ当たりやすく、ボールがストレートに飛びやすくなります。

グリップの仕方にはスクエアグリップの他に、ストロンググリップとウェークグリップの2種類あります。ストロンググリップはインパクト時にフェースが閉じやすく、ボールに左回転がかかりやすい握り方で、ウェークグリップはフェースが開きやすくボールに右回転がかかりやすい握り方です。

きれいなスイングフォームで、しっかりボールを飛ばしたい方はスクエアグリップがおすすめです。正しいスクエアグリップが身に着くと、持ち球はほとんど曲がらないストレートになります。

スクエアグリップの握り方

フェースの向きを決めるのは、左手の握り方です。まず、左手の人差し指の第2関節でクラブを挟むようにしてもち、左手の親指をグリップの真上にあてるように置き、左手全体で握りこみます。

右手は、右手薬指と中指の第二関節をグリップの真下に当てるようにし、右手人差し指の第一関節をグリップの真下に当てて握ります。

スクエアグリップは、フェースがボールに向かって直角になる握り方。スイングした時自然と直角に当たるように、フェースが左を向いていれば正しく握れています。

まとめ

正しいスクエアグリップでは、ボールは自然とストレートになり、スライス(打ち出したボールが右にそれる)やフック(打ち出したボールが左にそれる)といったミスショットが少なくなります。

ゴルフを始めたばかりの初心者は、スライスやフックに悩まされがちです。スクエアグリップを身につけることで、改善できます。

スクエアグリップは最もスタンダードなグリップの仕方です。ストロンググリップやウェークグリップにもそれぞれ利点はありますが、初心者は、まず最初にスクエアグリップを身につけてみてはいかが?