初心者必見!スコアを伸ばせるゴルフのスタンスの幅

スコアアップには、安定したフォームの習得がかかせません。そこで今回は、フォームの重要なポイントをしめる「シーンに合わせたベストなスタンス幅の取り方」について解説します。

一般的なスタンス幅は?

一般的に、スタンス幅は自分の肩幅に合わせるのがよいとされています。しかし、人によって適切なスタンス幅は微妙に異なり、やや肩幅より狭いスタンスの方が適している人や、反対に肩幅より少々広めにスタンス幅をとったほうがいい人もいます。

肩幅程度に両足を開きましょう。左足のかかとからクラブヘッド1個分の内側に寄せた位置より、体に対して垂直に前方に延長線上にボールを置きましょう。垂直にボールを置くことでスタンスを決めやすくなります。

自分にあったスタンス幅を見つける方法

ここで、自分に合ったスタンス幅を見つけるコツをお教えしましょう。

ポイントは体重移動に着目することです。比較的体重移動を使ってスイングするタイプの人は、スタンス幅をやや狭めにした方が体重移動がスムーズになり、スイングが安定します。反対に、体重移動をあまり行わず、身体の回転でスイングするタイプの方は、スタンスはやや広めに取ったほうが、身体の回転軸が安定するでしょう。

身体の回転軸が安定することで、効率よくスイングの力をボールに当てられ、飛距離が伸びます。

クラブの長さによっても、スタンス幅を調節する必要がある

スタンス幅を決める要因には「フォームのクセ」と、もう一つは「クラブの長さ」があり、長いクラブでスイングするときほど、スタンス幅は広くとる必要があります。

長いクラブを扱う場合は飛距離を飛ばすことが目的となるため、遠心力が最大となるよう長いヘッドの先に重いヘッドがある設計になっています。そのため、その遠心力に耐えるためにスタンス幅を少し広くとり、身体がブレないようにするのが必要です。

反対に、ウェッジ(短いショット用のクラブ)を使うときにはそれほど遠心力がつよくならないため、スタンス幅は少々狭めにとるようにします。

まとめ

スタンスを決める際は、肩幅まで広げ、左足のかかとからクラブヘッド1個分身体を内側に寄せることを意識してスタンスを取りましょう。

スタンスの幅は「体重移動」「クラブの長さ」を意識して取りましょう。

さまざまな条件によってスタンス幅は影響を受けますが、やはり基本となるのは肩幅。いつも肩幅分のスタンス幅をベースにして、「今回はドライバーを使うからスタンス幅は広めにしよう」というようにしてスタンス幅を微調整するようにしましょう。