初心者必見!ゴルフでボールをまっすぐ飛ばす4つのコツ

ゴルフでボールが狙った方向へ飛ばないと悩んでいる人も多いのでは。ボールをまっすぐ飛ばすには、コツがあります。今回はボールをまっすぐ飛ばすコツを4つまとめました。

頭を上げない

ゴルフでボールをまっすぐ打つためには、スイング時に頭を上げないよう意識しましょう。スイング時に頭が上がってしまうことをヘッドアップといいます。スイング時にヘッドアップをしてしまうと、目線が前に行き、腕の位置がぶれてしまいます。腕の位置がぶれることで、スイング時に不要な動作をしてしまうので、クラブヘッドの面であるフェースもぶれてしまいます。

ヘッドアップにならないよう、頭の位置を維持し、前傾角度をキープしながらスイングをしましょう。ボールの右斜め上あたりを見ながらスイングをすることで、打った後のボールが気にならなくなります。

クラブを左に振る

ボールをまっすぐ飛ばすには、クラブを左に振りましょう。ゴルフに慣れていない内は、ボールが右方向へ飛ぶ「スライス」のボール軌道が多いです。そのため、スイング時にクラブを左に振ることで、スライスが相殺され、ボールがまっすぐ飛びます。

クラブを左に振るには、前腕部の動きが重要です。バックスイングでは左手が上、右手が下です。インパクト直前に右手を上、左手に下に入れ替える動きは前腕部の動きです。

クラブを水平に持ち上げ構え、両肩の範囲でクラブヘッドの重みを感じながら左右に横振りすることで、腕の返りを体感できます。

背骨を中心として体を回転

ボールをまっすぐ飛ばすには、背骨を中心として体を左右対称に回転することが重要です。左右対称の回転にするには、手と体を一緒に動かすことが重要です。クラブをアドレスのまま胸まであげ、体の回転だけで、トップまで上体を右に回転し、フォローで左に回転させることで背骨を中心として、体を回転できます。

手や腕だけでスイングしてしまう手打ちの場合、スイングの軌道が不安定になり、左右対称に回転させられません。スイング時は右手の甲を地面と垂直にするのがポイントです。

立つ位置に注目

ボールをまっすぐに飛ばす際、立つ位置を意識してスイングしましょう。スイング時の足幅は肩幅より少し広く開きます。肩幅より狭く立った場合、腰をねじる動きがしにくくなります。肩幅より広く立った場合、下半身が固定されすぎてしまい、重心移動が上手くできずスイング軌道が不安定になります。

お尻を出して腰に向けて反るような軽いへっぴり腰の状態でスイングすると、ボールをまっすぐ打ちやすくなります。

ボールをまっすぐ飛ばした場合、ミスショットより飛距離を稼ぎやすいです。今回紹介したポイントを確認し、ボールをまっすぐ飛ばしましょう!