初心者必見!ゴルフのフックグリップ(ストロンググリップ)ってなに?

ゴルフのグリップを握る方法はいくつかのパターンがありますが、数あるゴルフのグリップの握り方のなかでも最も特徴的なグリップの握り方がフックグリップです。別名「ストロンググリップ」とも呼ばれる通り、スクエアグリップやウィークグリップに比べて、スイング中にフェースが開閉する動き(いわゆるフェースローテーション)が起きにくいという利点があります。主にひっかけやダフリに悩むフッカータイプのゴルファーにおすすめのグリップです。今回はフックグリップに関する豆知識をご紹介します。

フックグリップとは?

フックグリップとは、「スクエアグリップ」「ウィークグリップ」などと同様に数あるクラブを握り方の種類のひとつです。

ボールが大きく左に曲がるティーショットに悩むフッカータイプ。具体的にはスイング中にフェースが開閉する動きを少し抑えたい、しっかりとフェース面がまっすぐ向いた状態でボールを打ちたいひっかけゴルファーに特におすすめのグリップです。

フックグリップは、クラブを握る時に左手の甲を上に向け、真上からグリップにあてがうようにクラブを握ります。この時、左手の指関節(ナックル)が真上から見た時に2~3個ほど見えている状態で握るのがフックグリップです。さらに、左手とは反対の右手の親指と人差指の間にできる「V字」が右肩よりもやや右側を指すように握るとよりキツめのフックグリップが完成します。

フックグリップは普段から左手を少し時計回りに被せて握る人はおそらく大きな違和感はないでしょう。ですが、逆に反時計回りに回しながらグリップを握る人やもともと骨格の影響で「サル手」で握るタイプのゴルファー、こういった方々は慣れるのに少々時間がかかるかもしれません。

フックグリップで上手にグリップを握るコツは場合は、左手の指関節(ナックル)が見え方を工夫することです。左手を時計回りにくるくると回転させながら握るのもひとつの方法ですが、イマイチ効果を実感できない方はグルっと先に回転させてから上から鷲掴みするように左手を握って見てください。こうすることでより強めのフックグリップを実感できるはずです。フックグリップで握る時は右手がどうしても下から持ち上げるような握りになりやすいですが、下から握る傾向が強くなり過ぎると右肩が下がったアドレスで構える間違った「クセ」が身に付いてしまう原因となるため注意が必要してください。

フックグリップが向いているゴルファー

グリップをフックグリップに変えることでスイングが良くなるゴルファーは、スイング中に左手を振るスピードが速すぎる人やボールの弾道が低めでややドロー回転のボールが出やすい人です。そういったややフッカータイプのゴルファーはフックグリップに握ることでスイング軌道はややアウトサイドイン気味となり、レベルブロー気味にボールを打っていけるようになります。

また、フックグリップにはフェースの回旋を抑えるという副次効果があるのインパクト時の手首をこねるクセが強い人やアドレスでフェースを被せて構えるゴルファーなど、やや手元をハンドレイト気味に構える人との相性が良い握り方でもあります。

左に行き過ぎる今のスイングを何とかしたい!アウトサイドイン軌道のスイングに変えてもっと低く左に飛び出す弾道を改善したいゴルファーはグリップを変えることでより高く真っすぐ飛ぶ弾道のボールが打てるようになるかもしれません。

ちなみに、フックグリップを試す場合は、フェースでボールを潰すクセが強いフッカータイプのスインガーとの相性が良い、少し硬めのディスタンスタイプのボールを使用することをオススメします。

フックグリップが合わないゴルファー

右手の握力やリストの強い方で右でスライスなど、フェード系の球筋が出やすいスライサータイプのゴルファーには、フックグリップはあまりオススメのグリップではありません。

ボールに回転をかけるドローボールなどフック系の球筋は腕や手首の回旋によって、フェースを開閉しながらボールを打っていかなければなりませんが、フックグリップはそういったフェースの開閉運動を阻害してしまう可能性があります。

また、スイングアークが少し小さめの方や手首や関節を使った柔らかいスイングができない方など、フェースローテーションがあまり上手ではないゴルファーはフックグリップよりも左手を反時計回りに回した状態で握る「ウィークグリップ」をクラブを握ることをおすすめします。

時代はフックグリップのゴルファーを求めている?

「パーシモン」や「メタル」といったドライバーヘッドが全盛だった70.年代、80年代、そして90年代後半ぐらいまでは体や手首を大きく使い、スイング中にフェースのローテーションを最大限に利用してボールを飛ばすスイングが主流でした。

しかし、大型ヘッドが主流となった2000年以降は、ローテーションをあまり使わなくともボールはより遠くまで簡単に飛ばせるようになりました。近年のトッププロや上級者は皆、よりストレート系のボールでまっすぐコースを攻めるいわゆるパワーゴルフが主流です。今後はその傾向がより一層強まっていくことが予想されます。

彼らの多くは、クラブをフックグリップ気味に握っており、ウィークグリップやストレートグリップは、もはや必要なくなってきているという意見も飛び交うようになりました。確かにグリップは少し、フック気味に握るのが最近のゴルフスイングの主流の握り方になってきているようです。ただ、これは全ての人に当てはまるという訳では決してなく、ウィークグリップが劣っているという訳でも決してありません。

クラブをフックグリップ気味に握るその「度合い」についても使う道具によって様々ですし、身体的特徴が異なる全ての人が同じ基準で握るのは、少し無理のある話だからです。また、道具のポテンシャルを最大限に活かすにはフックよりもウィークに握った方が良い結果が得られるといったことがあることもあるでしょう。そこで、皆さんんはまずは一般的なスクエアな握り方を試し、道具や球筋を見ながら、徐々に自分に合った最適なフックグリップを探っていくことを強くおすすめします。もし合わないと思えば、ウィークに握るも良し、スクエアに握るのも良しです。困った時はまずは色々と試して見てください!