初心者必見!ゴルフのスエーを防ぐ3つの方法

ゴルフにおいて、スイング時の体重移動は重要なポイントです。スエー(スウェイ)を改善したら、飛距離も伸びますしダフリやチョロを防げます。スエーを防いでスコアアップにつなげていきましょう!

スエーってなに?

スエーとは、バックスイングのときに、体の中心部(軸)が左右へと大きく移動してしまうことです。

スエーになってしまうと、飛距離を伸ばすことが難しくなり、ボールの手前を打ってしまいます。そのため、ボールに当たる前に砂や芝に当たってしまうダフリをしてしまったり、ボールが少ししか転がらないチョロを引き起こしてしまいます。

スエーを改善することでスコアアップへと導いてくれます。

右足にボールを置いてみよう

こちらの練習は、右足の外側にボールを置き、そのボールを踏みつけるようにしながらスイングするという方法です。

バックスイング時に右方向へスエーする人に効果的です。この練習で、右足をしっかりと固定することで下半身のブレを少なくできます。そして、お尻や股関節でスイングした時の力をしっかりと受け止めれるようになり、より力をボールに込めることが出来るようになります。

ボールを右足の外側に置くことで自然と内股になり、バックスイングをした時も自然な流れで右脚(右股関節)で体重を受け止められます。身体が右方向へ流れず、中心に軸を置いてスイングできるようになります。

スタンスを大きくとってみる

体重移動が上手くいっていない、ブレていると周りから言われていても、自分ではしっかりスイングしているつもりでいます。一度癖がついてしまうと、なかなか癖を直すことは難しいです。

スエーを防ぐ方法は、スタンスを大きく取ることです。大きくスタンスを取ることでしっかりと構えることができ、スエーを防げます。

スタンスを大きくとりスイングすることを繰り返す練習をして、自然と打てるようになったら徐々にスタンスを狭めていき、自分にあったスタンス幅まで狭めていきます。股関節を平行に回転し、その場で回転するように行うとGOODです。

左への体重移動を意識しすぎる

体重移動、中心に軸を置くということを意識しすぎて左へと体重をかけすぎることでもスエーになってしまうことがあります。

そこで、左へのスエーを改善するための練習方法です。まずボールを3個用意します。用意したボールを左足の外側で踏みつけるように置きます。そして、普段通りにスイングをします。

普段通りにスイングをしても、左足をボールに乗せていて斜めになっていますので、踏ん張ることもでき、体重をかけても体重が流れていく心配がありません。

体重が流れていくことが減ってきますので、しっかりと踏ん張ることができ、踏ん張った分、力強いボールを打つことが自然と出来るようになってきます。簡単に出来る練習方法なので、ぜひお試しください。

スエーを防ぐの簡単です。今回紹介したポイントを確認して直してみよう!