ゴルフ初心者必見!スイングでの腹筋の正しい使い方

意外に思う方も多いかも知れませんが、ゴルフでというスポーツには腹筋という筋肉がスイングの安定化には必要不可欠です。腹筋を使わないと体の軸がずれてしまいスイング軌道がブレてしまいやすくなります。軌道のブレは飛距離ロスや方向性の不安定化につながります。今回はゴルフでの腹筋の正しい使い方を簡単にご紹介します。

腹筋を使うとどうなるの?

ゴルフというスポーツは一見するとただ止まっているだけのボールをなんとなく振って打つ、ただそれだけの動きしかしない楽なスポーツだと思われている方も多いことでしょう。しかし、実際にはクラブという重さのある道具を介して全身を使ってスイングするため、たとえ打つまでの時間は短くても体の回転や体重移動といった体の全体運動のをするなかで体のあらゆる部位の筋肉を使用してボールを打っています。特にスイング中は強い遠心力が発生するため、グラブの円運動に対して体が引っ張られ過ぎないように常日頃から大胸筋や大腿四頭筋など体の大きな筋肉は常に鍛えておくこと。そしていつでも動かせるように常日頃から入念なストレッチなどを行って置く必要があります。スイング中に腹筋をうまく使えるようになると軸ブレしにくいスイングとなり、ボールの方向性向上や飛距離アップが期待できます。

アドレス時に腹筋に力を入れる

腹筋を使うポイントの1つはアドレスのときです。アドレスして構えた時やバックスイング時にクラブを振り上げるタイミングで腹筋に強く力を入れることで手先ではなく体全体を使ってボールを打つという動きが生まれます。

いわゆる手打ちのスイングはテークバック時に腕に力が入り過ぎたり、下半身のフラつきが原因で腹筋に力が入っていない状態でクラブを振り上げてしまうこと。これが原因でそのようなスイングになってしまうことが非常に多いです。手打ちだと手先が器用な人はうまくボールをさばいていくことができるかもしれません。しかし、どうしてもタイミング勝負の世界になってしまいやすいので腹筋のような体の大きな筋肉を使ってクラブを振る感覚を覚えていいった方がスイング軌道もぶれにくくなり、ボールを正確にとらえらるようになります。

アドレス時に腹筋に力を入れたい時はアドレス時の姿勢を強く意識してください。姿勢が猫背だと下腹に力が入ってこないので腹筋が使えるアドレスを作ることができません。できる範囲で窮屈ではなく、ある程度のゆとりがある前傾姿勢をまずは作ることが大切です。その状態でお腹周りにぐっと力を入れてみて下さい。いつもより軸がしっかりしていてテークバックもスムーズにクラブが上がって行く感覚があれば、腰が左右に流れずに腹筋を使ってクラブを振り上げている証拠です。

アドレスで腹筋を使えるようになると同時に大腿四頭筋などの下半身の筋肉も自然と使えるようになり、スイング軸が安定します。さらにこれまでよりも早くクラブを振ること、つまり体により強い回転が加えても腰が左右に流れず、下半身が安定し、しっかりミートできるようになるので方向性と飛距離にばらつきが出にくくなります。

おなかを凹ませるイメージで

ゴルフスイングで実際に動かす腹筋というのは胸の下からお腹にかけて真っ直ぐに走る腹直筋や両脇から真下に伸びる外腹斜筋、このあたりの筋肉が必要であると言われています。腹直筋に関しては仰向けに寝そべった状態で両膝をたてて上体を起こすベーシックな筋トレスタイルで鍛えることができます。

ですが、外腹斜筋に関しては上体を真横にねじるような動きで使用する筋肉ですので、普段の私生活などで使っているという方はほとんどいません。壁に取り付けたチューブを真横から引っ張るような運動で鍛える他、ジムなど使う専用のマシンを利用して鍛えた方が効率良く鍛えることができます。もしどうしてもそういった器具を使いたくないという方はまずは真横に横たわった状態から上体を起こす側筋起こしなどの簡単なエクササイズから始めてみると良いでしょう。

ただそもそもスイングに耐えられるだけの腹筋力が致命的にない、もしくは腹筋への力の入れ方よく分からないという方はまずはおなかを凹ませる簡単なストレッチ、具体的にはおなかを凹ませる動作いわゆる「ドローイン」などと呼ばれるかんたんな運動動作から始めてみるのも良い方法です。ゴルフ以外の他のスポーツや吹奏楽団のトレーニングとしてもと入れられている運動手法ですのでお腹周りの筋肉の準備運動には最適です。リラックスした状態からお腹グッとを凹ませることで腹直筋だけでなく腹横筋や腹斜筋など腹筋全体を刺激することができます。

ドローイン運動を行う際はおなかを凹ませて肋骨の下のラインが出っ張らせるイメージでおなかを凹ませましょう。この時、おへそから8~9センチ下にある丹田という部位を強く凹ませること意識してこのトレーニングを行うとより高い運動効果を得ることができます。

腹筋と腹斜筋を鍛えると飛距離が伸びる?

ちなみに腹直筋はアドレス時やインパクト時などクラブが体の正面にあるときに下半身や上体のムダな動きを制御したい時に使われる筋肉です。一方、外腹斜筋に関してはテークバックやダウンスイング、フォロースルーといった状況でクラブの動きをより加速させたり、正しい動きに導いたりする際に主に使わなければならない筋肉ということになります。プロや上級者はそれらの筋肉をまとめて腹筋と表現していますが、腹筋力が弱い人は、総じてスイング時にクラブを上手にコントロールするのが苦手で傍から見ていてもクラブを振っているというよりかはクラブに体が振られているようなスイングになってしまいがちです。

逆に腹筋に力を入れてスイングしているゴルファーは体の大きな筋肉を使ってフェース面やスイング軌道をコントロールしようとするため、ムダな力が抜けていて非常に楽にゆったりと安定感のあるスイングをします。ゆっくり振っているように見えるのに何故かボールは良く飛ぶし曲がらない、そんなゆとりのあるスイングでクラブを振っているように見えるスイングは腹筋をしっかり使ってスイングしている証拠です。

なお、セルフケアの観点からも腹筋力を鍛えることは非常に重要です。お腹回りの筋肉が弱い人は無理に勢い良く振った際に腕や力などの小さい筋肉でクラブを制御しようとします。そうなると必然的に肘や手首、膝などの小さな筋肉に無理が生じますので故障やケガが多くなってしまう傾向があります。クラブを自分の思う通りにコントロールできないという方や今よりも飛距離を伸ばしたい人、そしてもっと球筋や弾道の安定化を図りたいという方はまずは手首や腕の筋肉よりも腹筋や足回りの大きな筋肉を鍛えた方がスイング軸は安定しやすくなりますし、飛距離アップも実現できる可能性が高まります。

ゴルフは激しい運動競技ではないので腹筋を使うという表現は意外に思った方も多いかもしれませんが、お腹まわりの筋肉に自身がないという方はこれを機に腹筋を少し意識してみてください。力強く安定感のあるスイングを手に入れてさらなるスコアアップを目指していきましょう!