初心者必見!ゴルフのスイング時に軸がぶれないようにする方法

ゴルフスイングは背骨を軸とした体の回転運動で成り立っています。軸をぶらさずスイングできるようになれば方向性が良くなり、自然と飛距離も伸びます。今回はスイング時に軸がぶれないようにするための方法を3つまとめてみました。

スイングの「軸」って何?

ゴルフスイングとは肩、腰、足、の回転運動で成り立っており、これらは背骨を軸に体全体の向きが目標方向へ向くようにクルリと動かすのが基本です。軸を動かさないようにしてクラブを振れるようになるとより強い遠心力を使ってボールを打てるようになるので正確性が向上して飛距離も伸びます。

スイング軌道の安定化と遠心力の向上はミート率のアップをもたらします。正しい軸回転運動ができるようになると、クラブが最短距離でボールに向かようになるのでヘッドの動きにキレが埋まれ、最終的にはヘッドスピードが上がって飛距離も各段にアップします。

プロゴルファーのスイングをスロー映像で見ると肩や腰は大きく回転しているにも関わらず、背骨や頭の位置がほとんど動いていないことがよく分かります。軸がぶれないスイングを身に付けられれば女性や子供など、腕力にそれほど自信のない人も簡単にボールを遠くまで飛ばすことができるようになるのです。

ありがちなミス「膝の流れ」

スイング中に膝の位置が流れてしまうと、膝の流れと同時に身体全体が大きく左右に流れてしまい、体の軸を中心としたスイングでボールを打つことができなくなります。ゴルフスイングは、膝の上下運動は軸回転運動にそれほど影響はありません。

ただし、膝の位置(特に左膝)が左右にずれてしまう動き(左右に割れる動きとも表現される)があるとスイング中に軸の位置がずれてしまうので体の重心位置が左右に揺れ動いてしまいやすくなります。そのため、トップからフィニッシュまではなるべく両膝の高さを変えないようにスイングすることが大切です。何事もまずは土台がしっかりとしていないと上はぐらつくそんなイメージでクラブを振っていただければ良いのではないでしょうか。

スイング軸がぶれないようにするには?

「軸」を意識したスイングでクラブを振るためには、まずアドレス時の姿勢を整えることから始めましょう。ドライバーやFWなどの長めのクラブは別ですが、アイアンやウェッジなど、短いクラブを振る時はアドレスの時に下からボールをのぞき込むようなボールの見方はNGです。アドレスの段階で軸が傾かないよう、ボールはなるべく真下から見下ろすような目線でフェース面を合わせるようにしましょう。

軸ぶれを防止するためには、背骨に棒を当てがって行う「素振り」や頭を壁につけて頭の位置をや高さを変えないようにして行うシャドースイング練習なども非常にオススメです。(なお、シャドースイングは、必ず素足で行って下さい。)

シャドースイングは慣れた人にとっては何ともないドリルですが慣れていないと頭の高さだけでなく、膝の高さ、腰の高さも変えずにスイングすることに強いストレスを感じることになります。こういった練習をする時は足裏の感覚が非常に重要になってくるので靴を履いた状態よりも素足でチャレンジすることをオススメします。

足の指先で地面をしっかりと掴み、踏ん張りながらも頭の高さを変えないようにクラブを振れるようになると、背中を軸に左右にクルリと回転するように振れるようなるので背中を軸に水平切りのイメージでクラブを振る感覚が少しずつ掴めてくるはずです。

まとめ

軸ぶれスイングをどうしても修正できない方は、腕の回旋、上体の回旋をスムーズに行うために例えば自己のスイングフォームにおける運動領域を大幅に制限する、または無駄な動きを省く、そういった動きをスイングに取り入れてみるのもひとつの手です。

テークバックの振りかぶり過ぎや下半身の使いすぎ、そういった無駄な動きを少しずつ省くことで軸ぶれしにくいよりシャープで安定感があるスイングを手に入れることができます。

ショートスイングやスリークウォーターショットといった練習もそういったスイングを身に付けるための練習方法のひとつです。スリークウォーターショットは体重の乗せ方や足腰の使い方だけでなく、腕や手首の使い方など、ちょっとしたミスによってボールの方向性や距離感が合わなくなってしまう、とても繊細なショットです。

軸ぶれしにくいスイングを手に入れるにはスイング弧の大小を問わず、ムダな動きを省き、いかに規律正しく体を動かすかということが非常に重要になってきます。はじめは小さなスイングを軸ブレしにくいスイングを作り、最終的に安定感のある大きなスイングでダイナミックにクラブを振っても軸ブレしない。そんなスイングを手に入れれば良いのです。

重要なことは無駄のないシンプルなスイングでシャープに振りきっていくこと。そんなスイングを目指していれば、あなたのスイングはきっと軸ぶれしにくいスイングになっているなるはずです。