初心者必見!ゴルフのスイング時の遠心力ってなに?

スイング時に発生する遠心力を利用することで、力に自信がない人でも飛距離を伸ばすことができます。また、スイングも安定します。今回はスイング時に遠心力を与える方法と、遠心力に負けない姿勢作りをまとめました。

遠心力はクラブに生じる力のこと

ゴルフのスイング時の遠心力とは、クラブに生じる力のことです。ゴルフのスイングは円を描くため、遠心力が発生します。遠心力を利用してスイングすることで、力に自信がない人でも飛距離を伸ばすことができます。また、クラブヘッドに生じる遠心力を使用することで、ヘッドが一定の軌道を描いて回転するため、スイングが安定します。

スイング時の遠心力はシャフトが長いほど発生します。そのため、ゴルフクラブの中で一番シャフトが長いドライバーが一番遠心力が発生します。

遠心力の与え方

遠心力をより与えるには、クラブのグリップの位置を支点にし、クラブを旋回運動させることです。旋回運動をすることで、クラブの動きが手のスピードを上回り遠心力がより発生します。

また、トップからダウンスイングにかけて直ぐにヘッドをボールに当てようとするのではなく、かかとの延長線上から1m程度のあたりに杭などが置いてあることをイメージして上から叩くようにクラブを振り下ろしましょう。ヘッドがボールに向かって一直線に動いてしまった場合、遠心力があまり発生しないので注意しましょう。

遠心力を感じる方法

遠心力を感じるには、ゴルフクラブを逆さに持って構えましょう。逆さに持って構えることでクラブの先に重さを感じずにスイングできます。逆さに持ってスイングした後は普通に持ってスイングしましょう。クラブの先端が普段より重く感じ、スイング中にクラブが遠くに離れていい遠心力が発生していることを感じられます。

スイングをする際は手元をあまり動かさず、ヘッドが大きく雨読用にして練習しましょう。練習時は手首が多少動いても問題ありません。

遠心力に負けないことが重要

スイング時は遠心力に負けないようスイングしましょう。アドレス(ボールを打つための構え)後、振り上げて、インパクトの際にグリップが元の位置の近くに戻った場合、ショットは成功しますが、遠心力によってグリップがボール側に持って行かれます。そのため、遠心力に負けないようとし、上体が起きてしまいます。

遠心力に負けないためには、アドレス時点の姿勢が重要です。股関節の高さの鉄棒に乗ることをイメージしたアドレスを取ることで、遠心力に負けない姿勢を保つことができます。

スイング時に発生する遠心力を利用することで飛距離を伸ばすことができます。今回紹介したポイントを確認し、スイング時の遠心力を意識してみてはいかがでしょうか?