スコアアップを目指せ!初心者必見のゴルフのスイング時の3つの左手の使い方

ゴルフのスイングは左手主導で打つことが多く、左手は飛距離に関係するなど、スコアを上げるために関係しています。今回はゴルフのスイング時の左手の使い方を3つまとめました。

ゴルフの左手の重要生

ゴルフでの左手の役割は、飛距離のために使い、スコアを上げるためには左手を上手く使う必要があります。ゴルフのスイングでは、右腕の支点は右肩に、左腕の支点は左方にあります。ゴルフのスイングでは、右手の可動域と左手の可動域では、左手の方が大きいです。そのため、左手主導で打つことによって飛距離を伸ばすことができます。

左手を上手く使うには、力はそれほど要りません。次に紹介する3つのポイントに注目してスイングしましょう。

左手全体をしっかりひねる

左手全体をひねる動きがないと、スイングが途中で止まってしまうため、勢いがあるスイングができず飛距離が落ちてしまいます。左手全体をひねることによってクラブが動き続けます。ボールを捉えられる広さのインパクトゾーンが上がり、効率的にエネルギーをボールに伝達させて打っているかの指標であるミート率が上がります。

手首や前腕だけではなく、左腕全体でひねるのがポイントです。インパクトの前に左手首が甲側の折れている場合、ひねりが甘いので確認しましょう。

左手の親指に意識を向ける

ゴルフで打球が落下直前に失速して、打者の利き腕の反対側にわずかに曲がるドローボールは初心者を脱するためには習得する必要があります。ドローボールを打つためには左手の親指に意識を向けてみrと良いでしょう。

ボールを打つために構えるアドレス時に左手の親指は、ゴルフクラブのグリップの真ん中にあたっていることが多いです。この場合、ボールが右側に飛んでいくスライスの原因の1つなので、構えてから左手を見た時、左手のこぶしの山が3戸程度見える位置がドローボールになる左手の親指の位置です。

左肘が下を向く

左手を上手く使うには、左ひじを上手く使うと良いでしょう。ダウンスイングで左腕が回転して戻らないと、ダフリ、てんぷらなどのミスショットの原因になってしまいます。ボールを当てた後のスイングの動作であるフォロースルーでは、左ひじが地面方向を向いていることによって、ミスショットを減らすことができます。

左ひじの感覚を養うためには、うちわを左手で握ってスイングの練習をすると良いでしょう。テークバック時のうちわの面が45度傾いた状態が理想的です。

左手の使い方は、飛距離を稼ぐこと、ボールの曲がり幅は狭いドローボールを打つために意識すると良いでしょう。今回紹介した3つのポイントを意識してスイングしてみましょう!