初心者必見!ゴルフのスイング始動4つの基本

スイングの始動は、スイングの軌道を安定させるために重要です。正しくスイングを始めないとミスショットにつながりやすくなります。今回はゴルフのスイング始動の基本を4つまとめました。

下半身始動が基本

ゴルフのスイングの始動は、下半身から始めることが重要です。上半身や手、腕だけでスイングを始動してしまうと、ボールに当たりにくくなります。「左肘を引く」「地面にぶつからないよう体を反らす」「つま先を上げて飛んでしまう」などの動きでクラブをボールに当てようとしてしまいます。そのため、体のバランスが崩れてボールが右方向へ飛んでしまう「スライス」になりやすいです。

下半身でスイングを始動させるには、クラブを後ろへ放り投げる感覚でテークバックをしましょう。

クラブヘッドを回転させない

スイングの始動は、クラブヘッドを回転させないようにしましょう。クラブヘッドを回転させないことで、効率良くボールにパワーを伝えることができます。スイングの始動からクラブヘッドを回転させてしまうと、クラブヘッドの面であるフェースが動いてしまいます。そのためミスショットにつながりやすくなります。

8時の方向からクラブヘッドが手元のやや外ぐぁを通りながらトップに向かうように動かすと、クラブヘッドが回転しにくくなります。グリップエンドと体の距離は一定に保つよう意識してスイングしましょう。

手首を回さない

スイングの始動は、手首を回さないようにしましょう。常に肩の動きに連動してクラブヘッドが両肩の真ん中にあるように意識してスイングしましょう。腕が腰の高さまできた時にクラブヘッドと手が重なって見える形がスイング始動の理想です。腕とクラブが一直線に見えるように、手首を体寄りに曲げる、体から外側に折れないように意識してスイングをするようにしましょう。腕を使ってスイングしてしまうと、クラブが手と重ならず、ヘッドが垂直にならないため注意しましょう。

重心を動かす

ゴルフのスイング始動を上手くやるには、重心を動かすのが重要です。ボールを打つ前に体を揺さぶることで、重心も揺れるのでクラブを惰性で上げやすくなります。体を揺さぶることで、スイング始動を下半身で行いやすくなります。

バランスボールなどある程度大きく軽いボールを使って、重心を動かす感覚を養うことができます。バランスボールなどを下半身を揺らしながら後ろに放り投げることで、重心を動かす感覚をつかめます。

今回紹介したポイントを確認して、スイングを成功させましょう!