初心者必見!ゴルフのワッグルってなに?

ワッグルをすることで、体がリラックスしショットが成功しやすくなります。ワッグルはただ行うだけでなく、スイングのイメージを持ちながら行うのがコツです。今回はゴルフのワッグルについてまとめました。

ワッグルとは、スイングの予行演習

ゴルフのワッグルとは、アドレスをとった後にするスイングの予行演習のための行動です。ワッグルはアドレス後に右足と左足を交互にバタバタと動かし、体を脱力させます。体を脱力させることで、リラックスでき、スイング時に正しい位置取りを行う行動です。

ワッグルはボールを打つまでの一連の動作を毎回同じにするプレショットルーティーンでもよく行われます。ボールを打つ前にワッグルを毎回行うことで、どの状況でも普段と同じようにボールを打ちやすくなります。

ワッグルのメリット

ワッグルをボールの打つ前の行動に組み込むことで、スイング動作のリズムをつかみやすくなります。軽く予備動作を打つ前にすることで、自分のリズム・テンポをよりつかみやすくなり、スイング軌道が安定します。

ワッグルを速い動作で行うと、リズム・テンポが乱れ安くなり、スイングリズムも速くなります。ワッグルを行うときは、両肩を動かさず、小刻みな動きを心がけ、これから行おうとしているショットによってリズムを変えましょう。

静止時間が長いとミスにつながる?

ボールを打つためにアドレスを取ってからボールを打つまでに時間をかけてしまうと、ぎこちないスイングになり、スイングの軌道が不安定になりがちです。

また、ワッグルが長くなっている場合、打つまでの時間に様々なことを考えてしまい、集中力が乱れミスショットにつながります。

ワッグルをプレショットルーティーンに組み込む場合、練習場の時点でも取り入れましょう。ラウンdのでも練習場でのワッグル回数と時間を守ることで、練習場と同じ感覚でスイングできます。

ワッグルのコツ

ワッグルは、これから始まるスイングスイングの予行演習として行うものです。体全体を使ってやる素振りと異なり、腕の付け根から肘、手首をどのように使ってボールを捉えるかのイメージを持つことが目的です。そのため、これから行うショットの動きを考えるのが正しいワッグルです。肩を上下させながら手首を揺らすのは、フェースのコントロールのイメージをしにくいため避けましょう。

手首だけでなく、股関節を使って両脇を締めながら、クラブが入ってくる軌道をイメージしましょう。

ワッグルは、ショットを成功させるために必要な動作の1つです。今回紹介したポイントを確認し、ショットを成功させてみては?