初心者必見!ゴルフで方向性を良くする4つの方法

ボールが狙った方向へ飛ばず悩んでいる人もいるのでは。ゴルフでボールの方向性をよくするためには、スイングの動作やグリップを意識する必要があります。今回は方向性を良くするための方法を4つまとめました。

右肩を下げない

ボールに方向性を持たせるには、右肩を下げないようスイングしましょう。右肩を下げるとクラブヘッドの面であるフェースが開いてしまい、ボールが右方向へ飛ぶスライスの軌道を描きます。

スイング中に右肩が下がるのは、以下の原因であることが多いです。

・グリップを右手で下ろしている

・右膝が曲がりすぎている

・スイング軌道がインサイドアウトの軌道になっている

・頭を残しすぎている

右肩を下げないためには、スイング軸を右に傾けないよう意識し、右手はシャフトに添えるよう意識してスイングしましょう。2つを意識することで左足の上でスイング回転ができるため、右肩が下がりにくくなります。

ボディターンで打つ

ボールの方向性を持たせるために、手首は返さずボディターンを意識してスイングしましょう。ボディターンとは、スイング時に体の軸を元に回転して得た力をボールに伝えるスイング方法です。

ボディターンでは、体の軸を安定させることを意識してスイングしましょう。体の軸が安定していない場合、スイング軌道が不安定になりがちです。頭や腰、背骨を軸にしてスイングすると、ボディターンのスイングができます。

スイング時は、上体が上がらないよう頭を上げないようにしましょう。

両手を胸の前に置く

両手を胸の前に置くことで、ボールに方向性を持たせられます。両手をアドレス時に胸の前に置くことで、インパクト時でも状態を崩さず迎えられるため、ボールに方向性を持たせられます。スイング時は、アドレスの両腕と胸でできる三角形の状態を変えないよう意識してスイングしましょう。スイング時にアドレスでできた三角形を維持することで、胸の前に両手の位置をキープできます。

三角形を維持するには、体の回転と腕の回転が一致することを意識してスイングしましょう。

アドレスで作った左手の甲の向きを変えない

アドレスで作った左手の甲の向きを変えないことで、ボールの方向性が良くなります。アドレス時の左腕はシャフトとほぼまっすぐで一体化しています。アドレス時に左手の親指をシャフトの真ん中より少し右へずらすことで、方向性を持たせたグリップができます。

スイング時は、アドレスで作った左手の甲の向き、親指の位置が変わらないよう意識してスイングしましょう。親指の位置がずれてしまうと、フェースが開いてしまい、ボールが右へ飛びます。

ボールに方向性を持たせるために、体を軸にしたスイングが必要です。今回紹介したポイントを確認して、狙った方向へボールを飛ばしましょう!