初心者必見!ゴルフのクローズスタンスってなに?

クローズスタンスとは、スタンスの1つです。クローズスタンスで構えることでボールがフック系の軌道になりやすくなります。今回はゴルフのクローズスタンスについてまとめました。

クローズスタンスってなに?

クローズスタンスとは、ボールを打つ時の足の位置や構え方を指すスタンスの1つです。クローズスタンスは他のスタンスと比べて両足を直線ラインで結んだ場合、少しだけ右向きになります。また右足はやや後ろ寄りになります。クローズスタンスは、目標地点に対して体が閉じているスタンスで、ボールが左方向へ飛ぶフックになりやすいです。

つま先下がり(打つために構えた時にボールの位置が自分のつま先より下にある斜面)では、クローズスタンスで立つのが基本です。つま先下がりの斜面は、ボールが右方向へ飛びやすいので、フックになりやすいクローズスタンスで相殺します。

クローズスタンスのメリット

クローズスタンスはボールに当たりやすくなるのがメリットです。クローズスタンスは左脇が締まり胸が開くことが少なくなるので、ボールを捕まえやすくなり当てやすくなります。クローズスタンスで構えることで、ボールを捕まえようとして、体を回しすぎ、クラブの振り遅れを防ぐことができます。

また、クローズスタンスはフックのボール軌道になりやすいので、スライスに悩んでいる人におすすめです。フックの軌道でスライスを相殺し、飛距離を出し方向性も安定させることができます。

クローズスタンスで構える時の意識

クローズスタンスのラインは目標ラインにこだわらず、構えやすさや振りやすさを重視して構えましょう。打ったボールの方向性は肩のラインが決めるので、目標ラインと肩のラインを平行に構えることを意識しましょう。

まずは、ボールを置いて普段のアドレスを取ります。アドレスを取った後は右足を引いてクローズスタンスの構えにします。右足を引く目安は、右足のつま先を左足のかかとの後ろくらいを意識して引きましょう。

正しくクローズスタンスは強くクラブを振っても体がぶれにくくなり、下半身をしっかり固めて打つことができます。

クローズスタンスでのスイングの意識

クローズスタンスでのスイングの意識は、体の正面でボールを捉えることを意識してスイングすることです。テークバック時は右肩をトップの位置を保つイメージテークバックをします。インパクトを迎える時は、右肩をトップに一で止めたイメージのまま振り続けることで、体が開きにくくなりボール正面で捉えやすくなります。インパクト時は、右肩が被さって体が開かないよう意識してスイングしましょう。体が開いてしまうと、スライスが出やすくなります。

クローズスタンスはフック系のボールになりやすいですが、スライスに悩んでいる人はクローズスタンスで構えることで改善されます。今回紹介したポイントを確認して、ゴルフの上達を早めましょう!