初心者必見!スコアを伸ばすことができるゴルフのアドレスとは?

初心者にとって、ゴルフのスコアを伸ばすためには基本となる動作をしっかりと覚える事が大切です。中でもアドレスをきちんと取ることにより、安定した重心の移動が行えるようになり、スコアも上がります。

アドレスではスタンスの向きを大切にしよう

ゴルフでアドレスに入る際には、目標となる地点をきちんと意識したポジションをキープする事が大切です。ターゲットとなるラインに対して直角に立つスクエアスタンスと呼ばれる立ち方をすることによって、方向を簡単に取る事ができるようになります。

自分がラインに対して直角に構える事が出来ているかを確認する方法としては、ゴルフクラブを正面に出し、左右に軽く振ってみた時に、両足が揃っているかどうかを確認する事で可能となるのです。最も基本となるスタンスですので、この姿勢をキープできるようになるとスコアアップに繋がります。

オープンスタンスのアドレスを覚えよう

アドレスの方法として、オープンスタンスと呼ばれる方法があります。これは、左足を後ろに少し下げることによって、ボールに今までと異なる力を掛ける事が出来るアドレスです。

オープンスタンスを取る事によって、ボールに回転を付ける事が出来るようになりますので、スライスショットを打つことが出来るようになります。左足を後ろに下げれば下げるほどロフト角がだんだんと大きくなりますので、高い打球を打つことが出来るようになるのです。距離感もしっかりと掴む事が出来るショットですので、練習することでスコアが上がるアドレスだと言えます。

クローズスタンスのアドレスを覚えよう

クローズスタンスとは、オープンスタンスとは異なり、右足を後ろに下げるアドレスの方法です。クローズスタンスはターゲットラインに対して直角に構えた場合に比べてロフト角が減りますので、打球が低くなりやすいという特徴を持つアドレスだと言えます。そのため、カップまでの距離が比較的短い場合に取るべきアドレスと言えるでしょう。

打球を低くすることができるアドレスを取る事によって、カップまでのショットの際の力加減が取り易くなることが、クローズスタンスの最大の魅力だと言えます。

アドレスの足の位置は残りの距離で決めよう

“ショットを打つ前に、カップまでの残りの距離がどの程度なのかをしっかりと計算に入れることは大切です。オープンスタンスやクローズスタンスを取る事によってスライスを掛ける場合でも、僅かなアドレスのズレによって打球の方向が変わってしまうからです。

アドレスの際に左足を後ろにずらしてみても、スライスが思ったとおりにかからない場合であったり、逆にスライスが掛かりすぎてしまうような場合には、アドレスの足の位置を微調整する事が大切になるでしょう。理想どおりのスライスショットを打つことの出来るアドレスの位置を覚えれば、自然とスコアはアップします。