飛距離と方向性が同時に良くなる?ゴルフのボディターンを身につけるための5つの方法

手打ちはダメ!もっと腰を使って振っていかなきゃ!そんなアドバイスを受けたことはありませんか?でも、ボディターンって一体何なのでしょうか?そして、どのように体を動かせば、ボディターンを身につけたと言えるのでしょうか?今回はそのあたりの話を中心に最終的にどうすれば腕や手首の力ではなく、体の回転力を使ったボディターンスイングを身につけられるのか、実際の練習方法などについてもご説明いたします。

ボディターンを習得することができれば、体の回転をメインに上体の動きはそれにつられるようにして高速で回転するようになります。腕や手首を力任せに振った場合のヘッドスピードというのはある一定の数値までは上昇しますが、それ以上に高い値を出そうと思うのであれば、腰回りの大きな筋肉の回転力を利用しなければ、高速スピードは出せません。もし、あなたがもっと飛距離を伸ばしたいと思うのであれば、今回の記事はきっと役に立つでしょう。記事の内容を読んで是非、練習場やコースでチャレンジしてみて下さい。

そもそも「ボディターン」ってなに?

腕や手首の力、いわゆる上体の力ばかりに意識が向いているスイングというのはいわゆる「リストターン」と呼ばれ、下半身や足首、足の裏などの下半身の強い働きによってクラブを振っていくスイングとは大きな違いがあります。このように腕や手先の力ばかりに頼ってボールを打つことを「手打ち」と呼び、こういった打ち方でクラブを振ってしまうと方向性が安定しなかったり、飛距離をロスしてしまうことがあります。

リストターン型のスイングとボディターン型のスイングというのは特徴こそあれ、こうすれば完全にボディターン型だとか、このような振り方はリストターン型だとかというような、典型例みたいなものは存在しません。多くのゴルファーが腕の使い方や腰回りや両肩の使い方に特徴があるのであって必ずしもボディターン型のスイングが良いよいという訳ではないのです。ただし、こうすればボディターン型のスイングになるというものは確かに存在します。例えば、トップからダウンスイングにかけての動きで左腰を切り上げるようにして先行させて振っていくタイプのゴルファーはボディターン型の意識が強いタイプのゴルファーですし、そうではなく右肩がやや下がり気味にインサイドからクラブが寝てくるような動きから切り返しの動きをスタートさせるタイプのゴルファーというのは少しリストターン型の思考が強いゴルファーかもしれません。こんな具合でリストターン型とボディターン型の両方の特徴を持った方がほとんどなのです。

先述しました通り、ボディターン型のスイングが優秀でリストターン型のスイングは難があるという訳ではありません。それぞれのポイントを分解して見ていけば、良い点と悪い点が両方見つかると思いますので、それらを吟味した上で自分が取り入れたいと思ったボディターン型の動きを取り入れていけば良いのです。

身につけるための方法①「頭の位置を最初から最後までキープする」

ボディーターンでクラブを振るための絶対条件のひとつとして軸の固定化というものがあります。これはどういうことかというとボディターンというのは基本的にクラブと体との距離感を変えないようにしてその場で「くるり」と下半身が回転するからこそ、上体がその回転につられてヘッドスピードが上がり、結果的に飛距離が伸びるというスイングなのです。したがって、これは子供の遊び道具でもある「コマ」などを創造してもらえば分かりやすいのですが、軸がないとコマ自体というのは素早く、そして早く回ることはできませんよね。このコマでいう「軸」というのが、ゴルフでいうところの「頭」なのです。

したがって、ボディターンのスイングを身につけたいのであれば、まずスイング中に頭の位置が真横や上下にずれないようにしてあげることが第一歩となります。頭の位置をずらさないようにするためのポイントはズバリ「目線」です。人間というものはおかしなもので目線がスイング中にボールの行方が気になって上下左右に目線が泳いでしまうと頭の位置も上下左右に動いてしまうものです。とにかく、頭が動かないようにしてあげれば良いだけなのでボールの見方を変えてみましょう。

もし、いつもボールを真上から見下ろすように見ていたり、左側面の上っ面あたりを見ながらテークバックを開始しているようでしたら、ボールのなるべく右半分かつやや赤道あたりをぼんやりと見ながらテークバックを開始するスタイルに変えてみて下さい。クラブを振り上げるときの動きがとてもスムーズになりますし、力みや肩のこわばりなども自然となくなるはずです。目線の動きというのはとても重要なのでなるべくインパクト直前まではしっかりとボールを目で見つめた状態でテークバックするようにして下さい。

身につけるための方法②「振り始めとダウンスイングの両膝の流れを抑える」

目線の泳ぎと同じくらいとても重要なチェックポイントなのが、ダウンスイング時やクラブを振り始めた時に起こりやすい「両膝」の流れです。具体的に言うと、テークバックで大体腰のあたりに手のポジションが来たあたりで、右利きゴルファーというものはやや右膝が開く動きをしてしまって、いわゆる膝流れのパワーロスが起きてしまっている方を良く練習場などで見かけることがあります。また、ダウンスイングでも同じように左膝が真っすぐに伸びるのであればまだマシなのですが、左側に流れた状態でインパクトを迎えてしまっている方を良くお見かけします。

このようにテークバックやダウンスイングで膝が流れてしまうと結果的に右腰がや左腰がスイング中に左右に流れてしまうことになるため、頭の位置の「ずれ」と同じように体のの全体のバランス自体が崩れてしまうことになります。このような状態ではいくらボディーターンを実践したとしても軸自体が流れてしまっているため、体全体の回転力が上がることはありません。ヘッドスピードを本気で上げたいと思っているのであれば、なるべく両膝の流れを抑えて体全体の「軸」を整えるスイングを身につけた方が良いでしょう。

身につけるための方法③「片手打ちドリルの実践」

頭と位置の固定化と両膝の流れを覚えてしまったので、あとはとにかくボールを打ち込むのみ!と言いたいところでずが、クラブの振り方がボディターン型のスイングになっていなければ、ヘッドスピードも上がりませんし、ボールも遠くに飛ぶようにはなりません。

そこで振り方の最初のレッスンですが、まずは松山英樹選手などもよく練習場等で必ず実践している片手打ちドリルにチャレンジしてみて下さい。片手打ちで使うクラブは基本何でも結構ですが、片手でドライバーやフェアウェイウッドなのどの長めのクラブを振り回せる人というのはあまりいないでしょうからまずはPWやSWなどの短めのクラブで練習することをおすすめします。

実際の構え方は短いクラブですのでやや狭めのスタンスでアプローチをするくらいのスタンス幅でOKです。またクラブを振るスピードもなるべくゆっくりめを意識しつつ、芯でボールを捉えることを考えてコツコツと時間をかけて打っていきます。ただし、意識してもらいたいことが1点だけあって、それはなるべく体の近くをクラブが通過するように振ってもらいたいのです。ボディーターンを身につけるためにはなるべくクラブを素早く振る必要があり、そのためにはクラブが体よりも遠い位置にあるよりも近い位置から鋭くシャープに振っていった方がヘッドスピードは加速しやすいのです。

片手打ちドリルは長時間同じ姿勢でかつ同じ腕ばかりを使ってスイングしていると片方の腕ばかりに負担がかかってしまって、だんだん腕が疲れてくるかもしれません。そんな時はすぐにクラブを反対の腕に持ちかえて、最初は右を使っていたのであれば、今度は左手1本で振ってみようといった具合にクラブを持つ腕を変えていきながら、ゆっくりを練習に励んでみて下さい。焦って高速スイングをしてみたり、あまりにゆっくりすぎるスイングではあまり練習の効果が期待できないので遅すぎず、早すぎずの適度なスピード感でクラブを振るのがこの練習の成功のコツでもあります。

身につけるための方法④「常にグリップエンドをおへそに向ける練習」

片手打ちドリルでポンポンと素早く、ボールをさばけるようになったら今度は「常にグリップエンド」をおへそを向けながらスイングする練習に取り組んでみましょう。おへそを向けながらというといつもテークバックやダウンスイングで手元が体から離れた場所へとクラブが動いてしまう人にとっては少し厄介な練習方法になるかもしれません。

しかし、手元の位置がズレてクラブが体の遠くを通過しているということはそれだけスイングスピードのロスが発生していることでもあり、そうなるとスイングプレーンを大きく外してしまっていることにもつながるため、軌道が安定ぜずに打ったボールには右回転や左回転の強いスピンがかかってしまうことになるでしょう。

そうはいってもいままでそのようなスイングでクラブを振ってきていない方にとっては簡単にマスターできる動きでもないため、まずは腰から腰までの高さのスイング、いわゆるハーフスイングで試してみて下さい。テークバックからフォローまで常におへそを向けた状態、つまりは体の中心からクラブのシャフトの向きが外側にずれないようにスイングできようになるとなんとなく体の中心にクラブがある状態でスイングする感覚というものが徐々につかめてくるはずです。

どうしても、感覚がつかめないという方は少し長めの7番アイアンくらいを短く持って実際におへそのあたりにクラブのグリップエンドを当てた状態でハーフスイングしてみて下さい。そうすれば体の中心にクラブがあることで手首のリストを使ってフェース面を開閉させなくても、体の回転力だけでフェースを回転させる感覚とはどういうものかを何となく実感できるはずです。

ゴルフスイングというものは手首の開閉による力よりも体の回転力を使ったフェース面の開閉力を使ってボールを打った方が開閉の度合いというものは小さくなるので球が飛んで曲がらなくなります。そういう意味では大きく開閉させる必要がなくなった近代的なスイングというのはどんどんボディターン志向になっていくのかもしれません。グリップエンドをおへそに向ける練習、ぜひ試してみて下さい。

身につけるための方法⑤「クラブと身体の距離を維持する練習」

ここまで様々なドリルを紹介してきましたが、すべてを実践してもまだ、何となく手打ちの感覚が無くならないというゴルファーも多いかもしれません。そんな時はこれからご説明する最後のドリル「クラブと体との距離を維持する練習」を取り入れてみて下さい。おそらくスイングが劇的に変わって手を使わなく手もボールは簡単に飛んで曲がらなくなる感覚を掴める人が続出するのではないでしょうか。

では具体的な練習の方法なのでずが、まずは100円ショップなどでも購入が可能な小さめのストレッチボールを用意してください。直径20cmくらいの小さなもので結構ですのでそれを少し触れば形が変形するくらいに「ゆとり」があるくらいの状態に膨らませて、それを両腕の間で挟んだ状態でクラブを握ります。この時、ガシッと2つの腕で挟み込み過ぎると腕がきつくなってしまいますし、これではクラブは振れませんので軽く挟みつつも両腕の上にひょこっとボールが乗っているくらいの状態で軽く素振りから練習を開始してみてください。

素振りを何回か繰り返してみて何となくボールが打てそうな感じが出てきたら、ハーフスイングくらいの振り幅で大丈夫なので軽くスイングしてみます。これまでと違って腕やリストというのはあまり大きくは動かすことができなくなるので、それこそ両腕と下半身との一体感を持たせてスイングするという感覚が強くイメージできるはずです。

このボールはさみドリルができるようになったら今度は同じく100均のストレッチチューブを加工してちょうど長さが10~13センチくらいになるいくらいの手錠のようなグッズを作ります。手錠の真ん中の鎖の部分というのは普通はあまり長くありませんが、ゴルフ用の手錠を作る時はちょうど13センチくらいの長さになるようにチューブをカットして作ります。こうして出来上がったゴルフ用の手錠を二の腕にはめてクラブをグリップします。

いわゆる先ほどのボールはさみと同じ原理なので作る作らないは個人の自由なのですが、アプローチだけではなくミドルアイアンやドライバーなどの長めのクラブも上体と下半身の一体感を持ってスイングしたいという時はこういうグッズを手元にひとつ持っておくと批評に便利です。特に100均のチューブははさみで簡単に長さをカットしやすいので手錠の腕の部分のフィット感がイマイチといった場合には少しカットしてあげれば、自分の好みの圧がかかる専用のゴルフグッズが完成します。

巷でいう、腕の間の三角形の維持とクラブとボールとの位置を変えないようにボールを打つテクニックをマスターするにはボール挟みと手錠グッズを使ってスイングするのが一番です。もし興味がある方は是非試してみて下さい。手錠グッズを作るのがめんどくさいという方は類似の既製品がヤマニ社やキャロウェイ社などから出ているのでそういったものを購入して試してみるのも良いかもしれません。ぜひ、色々と試してみて下さい。今回も最後までご一読くださいましてありがとうございました。