方向性が格段にアップする!?ボディターンのゴルフスイングを手に入れるための3つのポイント

ボールを真っすぐ、そして遠くに飛ばすためにはフェースを開いて閉じる開閉の動き、いわゆるフェースローテーションを ボディターンもしくはリストターンの いずれかによってスイング中に行う必要があります。リストターンとボディターンにはテクニック的にはどちらが正しくて、どちらかが間違っているということはありませんが、近年はクラブやボールの進化によってリストよりも体の回転、いわゆるボディターンを強く意識したスイングが流行しています。今回はボディターンのスイングをマスターするためのポイントを3つご紹介します。

ボディターンとはどういう動きを指す言葉なのか?

ボディターンという言葉だけを解釈しようとすると、何となく体を回転させるだけというイメージがしてそれだけなら俺だって自然にやっているよ。なんて答えが返ってきそうです。

でも、ゴルフでいうところのボディターンというのはただ体を回転させるだけという意味ではありません。実際には手や腕ではなく、体の回転軸をしっかり維持したまま、フェースは常に自分から見て真っすぐの状態を保ちます。ここからクラブが自分という回転軸を中心に「円」を描くように動くのでフェースもそれにつられて開閉するといったイメージです。

ただ、これは人に説明するのはとても難しい動きです。そこで、例えばでんでんゴマのようなものを創造してみてください。でんでんゴマの中心がまさに自分だとして、もっと早く上手く回そうと思うと、自然と中心軸が動いないように、ずれないようにしてコマを回そうとしますよね。あれと同じ動きをゴルフでやってもらいたい訳です。でも、実際どうやればそのようなことができるのか。これについては実践編として次の章にじっくり解説するとして先にボディターンと似たような使われ方をしているリストターンについてお話しておきましょう。

リストターンとはボディターンと似たような役割を果たす動きであるため、混同して頭がこんがらがっている方も多いのですが、実際にはフェースローテーションをさせるといってもボディターンとはやや異なった体の使い方をします。また、リストターンはボディターンのスイングに比べて、手首の曲げ伸ばしによってフェースを開閉させるため、より指先やてのひら、腕など上体を積極的に使ってクラブを振るという意味でボディターンスイングとはやや対比する形のスイングになります。

リストターンの傾向が強いスイングというのは手や腕を積極的に使うのでボールを遠くまで飛ばしたい時やラフに埋まったボールを芝丸ごと打たなければならない状況など、とても指先を使った絶妙なタッチが要求される場面ではその特徴を存分に生かすことができるでしょう。

ただし、逆にクラブを思い切って振っていかなければならないここ一番のドライバーショットなど、無駄な動きを極力排除して、ロボット的にクラブを動かさなければならない場面では腕先や指先といった小さな筋肉ではなく、腰回りや肩回りの大きな筋肉、体幹をフルに使っていけるボディターンの方が球筋は安定しますし、大きな飛距離も望めるでしょう。

このようにボディターンとリストターンにはそれぞに特徴がありますが、どちらが優れていて、どちらかが劣っているという訳ではありません。問題は自分にとって振りやすいのはどちらなのかを真剣に考えて、どちらかというとボディターン系とか、リストターン系とか、そういう話で良いのです。どちらかに偏ってしまうとどこかで体に無理が生じてしまった思い通りのスイングができなくなってしまうこともあります。

ちなみに、クラブは腕や手首を使ったリストターン型のスイングよりも、腰の回転を重心したボディターン型のスイングの方が体の近くをクラブが最短距離を移動するのでこちらの方がスイングプレーンに乗りやすくなります。まぁ当たり前の話といえばそこまでですが、クラブが体の遠くを通過すると遠回りさせた分だけ、プレーンから外れてしまうので力の無い方だとそれだけでヘッドスピードが遅くなるかもしれません。まぁこういったことは飛距離や方向性に関わってくる話なので悩んでいる方は思い切ってボディターンスイングの考え方を取り入れてみても良いかもしれませんね。

①ボディターンのスイングを実現するためには体の軸の安定化がポイント

ボディターンのスイングを身に着けるには、1に2にもまずは体の「軸」を固定化が重要なテーマとなります。先述したようにボディターンというのは身体の中心軸の安定化が課題であるために、ここが上手くいっていないと足腰を積極的に動かした時にスイング軌道がとても不安定なものになってしまいます。その中心軸を安定させるために必要なのが①頭の位置②背骨の角度③両膝の位置という3つのポイントです。

まず、最初に「頭の位置」が大切な理由は、スイング中の上下運動を防ぐ目的があるからです。頭の位置がスイング中に上下に移動しなくなると、状態の起き上がりや突っ込みがなくなり、体とボールとの距離も変わりにくくなるのでミート率が格段に良くなります。ただ、頭も位置を無理に固定しようとしすぎてインパクト直前まではボールから目を離さないつもりでクラブを振っている人がたまにいますが、これは大きな間違いです。

頭の位置をアドレスからフィニッシュまで最後までキープしようと思うのであれば、頭の位置というかは「アゴの位置」がインパクト直前まで動かないように振ることで頭の位置がスイング中に上下に動きにくくなります。インパクト後は頭の位置がずれても特に問題ありません。大事なのは「インパクト直前まで頭の位置を動かさないこと」これが全てです。

次に「背骨の角度」が大切な理由は、スイング中の起きあがりや不必要な前倒しによってスムーズな体の回転が邪魔されてしまうのを防ぐ目的があるからです。アドレス時の前傾というのはなるべく、背骨に張りを感じるくらい、それなりに張りを持たせてスイングする必要があります。ですが、周りから見ても明らかに窮屈そうに見えるくらい、深い前傾姿勢でボールを打とうとするのは明らかに大きな間違いです。

前傾姿勢を作る時はまずスタンスを肩幅くらいに構えて、上体を腰からお辞儀するくらいのつもりで前にかがめます。この時にややおしりを斜め後方に突き出すくらいのイメージでスクワットするときの様に腰を落としていけばある程度は綺麗なアドレスが出来上がります。問題はここからですが、背骨を真っすぐにするのではなく、亀が甲羅を背負っている姿のように、自然に立っているときくらい脱力させた上体でクラブを握り始めるようにしましょう。

人間が素早く力強い力を発揮するには、伸び切った無理な体制から力を出そうとするのではなく、脱力した上体から一気に精一杯の力を振り絞っていった方がより強いパワーを出力することができます。そう考えると背筋を無理な体制でのばしたままクラブを構えるのはとてもナンセンスな構え方なのです。

そして、最後に「両膝の位置」についてですが、これは具体的にはテークバックとダウンスイング、この両方で膝の位置が変わらないようにクラブを振ることが大切です。まずテークバックからですが、クラブをちょうど腰のあたりまで振り上げたタイミングで右膝が割れ、必要以上に体が流れてしまった状態でボールを打とうとしている人をたまに見かけることがあります。右利きゴルファーであれば、仮に体重をしっかり右サイドに移動させようとして結果的に膝が流れてしまうこともあるかもしれません。しかしながら、仮にそうであったとしても膝が割れてしまうと頭の中心軸が左右にずれてしまうのでヘッドスピードの低速化を招き、結果的には飛距離の大幅なダウンにつながります。

一方、ダウンスイングで左膝が流れてインパクトを迎えてしまうタイプのゴルファーもいます。こういったタイプはインパクトで逆に左膝を一気に伸ばそうとする動きを加えてあげることでダウンスイングで頭の軸が左右に動いてしまうミスを未然に防ぐことができます。(なお、ダウインスイング時の左膝の流れは、シャンクや極端なスライスの原因となります)

②ボディターンのスイングを実現するためにはグリップエンドの方向が大事

クラブはなるべく体の中心から外れないように振れ!そんなことを先輩やレッスンプロの方から指導を受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

実はボディーターンを実現するためにはこの常に体の中心でクラブを振るというポイントが非常に重要です。冒頭ではでんでんゴマの説明をしましたが、でんでんゴマも同じように長いひもを使って回そうとするのではなく短いひもを使って勢いよくピュンと回した方が早くそして綺麗に回転しますよね。

ゴルフスイングをこれに例えるとひもの長さというのはいわゆる体とボールとの距離ということになります。体とボールとの距離というのはなるべく近い方がインパクト時のミート率は高くなります。実際にどれくらい近くに立てば良いかというとだいたい握り拳1個分くらいが1つの目安になります。グリップエンドとおへそまでの距離が拳1個分以上離れている場合はもっと近くに立ち、それよりも近すぎる場合は逆に離れて構えるようにしましょう。

また、別の方法として脇の下にアライメントスティックなどを当ててみて、その先端がちょうど土踏まずあたりを指しているようであれば、ボールと体との距離はだいたい適正位置に収まっていることになります。もし気になった方は自宅等で一度チャックしてみて下さい。おそらくほとんどの方がボールから離れて構えていることが多いでしょう。

なお、体とボールとの距離を変えないようにするのはアドレスからテークバックの時だけではありません。ボディーターンでクラブを振れない人の特徴としてスイング中に距離が変わってしまうというものがありますが、これは上体の回転スピードと下半身の回転スピードが違い過ぎる人に良く見られる典型例です。特にテークバックの時点で下半身が止まったままの状態で手だけを使って担ぎ上げるようにしてクラブを振り上げている人がたまにいます。こういったスイングは全てNG例です。

逆にグリップエンドが常におなかを指し示すように、常に体の中心軸からクラブが離れていかないイメージを強く意識してクラブを振っている人。こういった人はクラブとボールとの距離が変わらないのでフェースがあまり大きく開閉することがありません。こういう動きができるようになってくるとだんだんスイングはボディーターンに近づいていきます。

この記事を読んでくださっている方のなかにはそういったことを意識してボールを打ったことがないという方も多いと思いますのでそういった方はまずは短い距離のアプローチショットか何かでグリップエンドが常におへそを向いた状態でクラブを振る練習をしてみて下さい。慣れてきたら実際にボールを打ってみて方向性や距離感などを確認してみて下さい。きっと意識する前のスイングより安定感があることを誰もが実感できるはずです。

③ボディターンのスイングを実現するには手首を使って振るのはNG

ここまで軸の安定化とグリップエンドの向きについて、色々とお話をしてきましたが、最後にボディターンスイングを身に着けるためのテクニックの1つとして、手首の使い方をご紹介します。

クラブと体との接点である手首はゴルファーの生命線でもあるため、すぐに使い方を変えるというのは難しいかもしれません。手首の使い方は腕の使い方にも影響を与えていますのでいきなりそんなことを言われても無理!という答えも返ってきそうですが、ボディターンのスイングを身につけるためには、それに見合った手首の使い方を身に着ける必要があります。

例えば、これは右利きゴルファーの話になりますが、皆さんは右手首の手首の関節が折れる「向き」について、何か意識していることはあるでしょうか。実はゴルフにおける手首の使い方には2種類の曲げ方があると言われています。1つ目はコッキングという方法でこれは手首を上下に縦方向に動かすテクニックです。通常はテークバックで縦に動かしたものはその状態で固定してインパクトまで、その角度が崩れないようにしてクラブを振っていきます。これがコッキングという手首の使い方です。

さらに、もう1つの方法として手首を左右に動かして使う動き、これはヒンジン具と言われています。ヒンジングによってクラブのフェースが開閉します。この動きがあることによってボールをつかまえてフック系の球を打ったり、逆に逃がしてスライス系の球を打ってホールを攻めていくことが可能になるのです。

コッキングとヒンジングはスイング中にごく自然に行われおり、それぞれを順番に行っているという訳でもありません。ただ、2つの動きは同時に行われいますが、ボディターンのスイングを目指すのであらば、方向性が安定するようになるべくフェースを開閉させるリストの動きは排除しなければなりません。したがって、体の回転を意識したスイングを目指すというのであれば、手首を左右に動かすヒンジングの動きは避け、なるべく縦方向に使うスイングを目指しましょう。

④ボディターンのスイングを実現させるための、練習法とグッズ紹介

今回はボディターンがテーマということで腕や手首ではなく、体の回転力をメインにクラブをコントロールするためのヒントをいくつかご紹介してきましたが、最後にそういったテクニックを身に着けるため役立つ練習法やグッズをいくつかご紹介します。

まず、最初の軸の安定化の章で説明した膝の理想的な使い方を身に着けるための方法ですが、膝の流れを抑えるには傾斜地からのショットを練習するのが一番です。傾斜地はあらゆる方法で人工的に左足下がり、もしくは左足上がりの情報を作り出すことができます。

例えば、右足の足裏の内側でボールを踏んだ状態でスイングすれば、いわゆる左足下がりの状態を作り出すことができます。これはテークバックで右膝が流れてしまう癖を改善するのに役立ちます。逆に左足の足裏の内側でボールを踏んでスイングすれば、これは左足上がりの状況を作り出すことになりますのでこちらはダウンスイング時に左膝が流れてしまう癖を修正できます。

その他、上体と下半身のスイングスピードをコントロールする練習には100均のダイソーなどで購入できるトレーニング用の小さなゴムボールを使った練習が効果的です。小さなボールをアドレス時の両腕の間に挟み、そのボールを落とさないようにする練習を繰り返すことでそれまで手首や腕をつかってクラブを振り上げようとしていたリストターン型のスイングに癖を肩の回転を意識してクラブを振り上げ、下半身と上半身のスピードが同調するスイングを身に着けることができます。

腕が体の中心から離れてしまうと腕の間に挟んだボールは必ず真下に落ちてしまいます。はじめは腹筋力や背筋力も必要になるため、ボールが落ちないように振るのは大変かもしれませんが、慣れてくると体の回転でボールを打っていく、体の回転でフェース面をコントロールしていくという感覚がだんだんと身についてくるはずです。同じような効果が期待できる、いわゆるスイングベルトのような専用の練習器具も販売されてはいますが、ボールを使った練習法の方がボディターン初心者にはおすすめです。慣れるまで、繰り返し何度も何度も練習しましょう。ボディターンができるようになると、あなたの飛距離は増し、方向性も格段にアップしているはずです。興味がある方は是非、今回紹介したポイントを確認しながらボディターンの習得に励んでみてはいかがでしょうか?