初心者必見!「ハンドアップ」と「ハンドダウン」の違いってなに?

初心者が陥りやすい誤った構え方として、ハンドアップとハンドダウンがあります。それぞれスライスやフックが出やすかったり、飛距離が出なかったりといったデメリットがあるため正しい構え方を身につけることが大切です。「ハンドアップ」と「ハンドダウン」の違いを紹介していきます

両方とも誤った構え方

ゴルフをしている人のなかでハンドダウンとハンドアップという言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。いずれも構え方としては間違っている方法になるのですが、「ハンドアップ」と「ハンドダウン」の違いはどのような点なのでしょうか。ここでは、その二つを比較して紹介してきます。

グリップしている手の位置が、理想的なフォームよりも上になっている状態をハンドアップ、逆に下になっている状態がハンドダウンと呼ばれていてそれぞれに問題点があるため、よくない状態といわれています。

ハンドアップの状態では、身体も起きた状態になってしまうことが多く、手首も伸びてしまうのでインパクトの際に力が上手く伝わらず飛距離も出にくくなります。これに対しハンドダウンの状態では、深い前傾になるため体の動きが制限されることが特徴です。

ハンドアップの特徴

ハンドアップに構えると、バックスイングの際にフェースが開きやすくなります。一度この状態になるとダウンスイングで戻すことは困難なので、スライスが出やすくなるという特徴があります。

初心者の方やスライスが多い人はこのハンドアップの構えになっていることが多いようです。これは初心者の方がパームグリップで握ることも関係があり、パームグリップはフィンガーグリップに比べてハンドアップになりやすい点が影響しています。

一度ハンドアップの構え方の癖が身についてしまうとグリップのタイプを変えても、フェースが開きやすくなるということはなかなか直せません。ダウンスイング時にフェースを閉じても、スウィートスポットで捉えることができないことが多いので、直したほうがよいとされています。

正しいアドレスの姿勢としては背中を真っすぐに保ったまま前傾する構えです。このとき猫背にならないように注意しましょう。手軽な矯正方法としては、クラブを縦にして背中にあて、腰から頭まで付いた状態で股関節から前傾姿勢をとるものがあります。鏡などで確認してみるのもよいでしょう。

ハンドダウンの特徴

ハンドダウンで構えると、ハンドアップの状態と異なりスライスが改善されることがあるようです。これはハンドダウンのフェースが閉じやすくなるという特徴が関係しています。

ハンドダウンでは通常の構え方に比べると両手が低い位置にあります。そのため、クラブシャフトの角度も並行に近くなるのです。これにより、ハンドダウンでは自然とフラットなスイングになりやすくなり、フェースが閉じやすくなります。

またもう一つの理由としてハンドダウンではクラブのトゥが浮いていることがあります。ハンドダウンでは、極端にトゥが浮いているのでインパクト時にヒール側が地面に当たり、ブレーキがかかりやすいです。

それに対し、トゥ側はブレーキがかからないので、フェースが閉じやすくなりスライスを改善することができるのです。ハンドダウンの状態は基本的に真っすぐ打つことが困難なので、フックが多く出てしまうようであれば改善したほうがよいでしょう。

応用テクニックとして有効

ハンドアップやハンドダウンはマイナスの面も多いですが、このマイナス面を逆手にとってラウンド中にボールの軌道修正することもできます。

たとえば、ラウンド中にショットに力が入らなくなってしまったら少しハンドダウンにしてみるなどがあります。ハンドダウンは力が伝わりやすい構え方なので、一時的な修正方法として効果が期待できるでしょう。

また、構えに力が入り過ぎてしまいボールが曲がってしまうときには、少しハンドアップ気味にすることで力が伝わり過ぎることを抑えることが可能です。

ラウンド中にはその場で修正していくことが求められるので、応用テクニックとして身に付けておくことをおすすめします。