ゴルフクラブの握り方にはどんな種類があるの?

ゴルフをするときには、クラブを通じてどれだけボールにうまく力を伝えられるかがカギです。今回はゴルフクラブの握り方についてまとめました。

なぜグリップの握り方が大事なのか?

ゴルフのグリップの握り方には、いくつかの種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、それを知らないまま、なんとなく握っていると、スイングのやりやすさや飛距離に大きな差が出ることもあります。また腕力や手の大きさなどが原因でボールが思い通りの方向に飛ばないときには、握り方を変えることで直る場合もあるのです。

グリップの握り方は、利き手の小指の扱い方で主に3つに分けられます。その代表的な3つの握り方を知って、早めに自分に合うものを選びましょう。

初心者はマスターしたい!オーバーラッピングとは

オーバーラッピングは、ゴルファーにとっては最もメジャーな握り方です。右利きの人は、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に重ねます(オーバーラップ)。左手の指全部を使って握るため、左手の力が強くなって、普通は右に偏りがちなバランスが取れ、スイングしやすくなります。

しかしその分、利き手が使いづらいと感じる場合もあります。また手の小さい女性などは、右手の力が弱まっていることで、クラブを扱いにくくインパクトが弱まる場合もあるかもしれません。つまり、オーバーラッピングは腕力が十分にあって指が長い人に向いている方法です。

コントロールには最適!インターロッキングとは

インターロッキングでは、右利きの人は右手の小指を、左手の人差し指とからめるようにします。右手の小指が、左手の人差し指と中指の間にロックされる状態になります。

両手が一緒に動き、クラブとの一体感も得やすく、手が小さい人でも握りやすいのでおすすめです。オーバーラッピングより右手に力が入るので、オーバーラッピングでは力が弱くなってしまう場合に向きます。インターロッキングでは利き手を主体にでき、手首も固定されて安定するため、クラブをコントロールする力も上がるでしょう。でも逆に、右手が強くなりすぎる場合もあるので気を付けましょう。

飛距離を重視するなら!ベースボールとは

ベースボールは野球のバットのように、指を重ねたりからめたりせず、すべての指でグリップを握ります。バットと同じだけあって初心者でもやりやすく、力も入れやすいので、力不足で飛距離が伸びないときに向いています。左右の手が別々になっていることで、右手が十分に働けるのです。

ただ他の握り方より、ややクラブとの一体感は得にくくなります。右手と左手を同じように扱えるため、どちらの腕を主体に使っていてもスイングはやりやすいです。しかし力を込めやすくなっている分、力み過ぎてしまうこともあります。

筋力や手の大きさ、どちらの腕を主体に使うかといった個人差に合わせて、それに適したグリップの握り方をすることで、納得のいく結果が得やすくなるでしょう。