ゴルフでコンパクトにスイングできない原因と振る2つの方法

クラブをコンパクトに振れるようになると方向性が良くなり、飛距離も出ます。しかし、コンパクトなスイングができないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?今回はコンパクトなスイングでクラブを方法をまとめました。

コンパクトにスイングするメリット

コンパクトにスイングすることで、ゴルフクラブが扱いやすくなり、ボールの方向性が上がります。大きなスイングは余計な動きが多く複雑なため再現性が低いです。大きすぎるスイングはオーバースイングといわれ、トップ(振り上げ切ったところ)の位置で判断します。

コンパクトなスイングはトップが低い分振り幅が小さいため飛距離が出にくいと考える人もいるかもしれません。しかしコンパクトなスイングは体重移動でヘッドスピードを出し、ミート率も上げやすいため十分な飛距離を出せます。プロゴルファーの中にもコンパクトなスイングをする選手は多くいます。

コンパクトスイングができない原因は?

コンパクトなスイングにならない原因は、バックスイング(振り上げ)で手を使い過ぎていることです。テークバック(振り上げ始め)からバックスイングで必要以上に手を使い、肩より上にクラブを上げると、オーバースイングになります。

このようなオーバースイングはトップは高い位置に来ないといけないという意識から起こります。正しいバックスイングは体の回転に合わせて手を上げるため、必要以上に高い位置にトップは来ません。

振り方1 バックスイング

バックスイングで手の力を抜き、体の回転で振りあげることでコンパクトなスイングができます。バックスイングで手に力が入っていると手の力で振り上げてしまい、オーバースイングになります。ゴルフクラブを握り腕を伸ばす以外は力を入れず、下半身を固定して上半身の回転により振り上げます。

またバックスイングの早い段階で手首を固定する「アーリーコック」をすることで、手の力でバックスイングすることを防ぎ、シンプルなバックスイングにします。

振り方2 トップは肩の高さまで

トップでゴルフクラブが肩より高く上がらないように意識します。体の回転でバックスイングができていれば、ある程度の高さで窮屈さを感じます。そこでバックスイングをやめ、ダウンスイング(振り下ろし)に切り替えることでトップの高さを抑えられます。

コンパクトなスイングは方向性がよく、飛距離も十分に出るデメリットのないスイングです。バックスイングとトップを見直すことでコンパクトなスイングを身につけられます。コンパクトなスイングを身につけて思い通りのゴルフをしてみてはいかがでしょうか?