距離を刻むコツ?ゴルフのスリークォーターの3つのコツ

フルショットより振り幅が少ないスリークォーターを習得することで、ボールにより方向性を持たせられます。今回はゴルフのスリークォーターのコツを3つまとめました。

スリークォーターってなに?

スリークォーターとは、フルスイングを1とした場合に呼ばれるスイング方法の1つです。スリークォーターのスイングは、バックスイングでクラブヘッドがトップに来る位置がフルスイングとハーフスイングの中間に位置するスイングです。スリークォーターは飛距離を稼ぐためのフルスイングとは異なり、ボールに方向性を持たせたい場合にするスイングです。クラブヘッドの面であるフェース面が目標地点に対して垂直になるため、ボールに効率よくエネルギーを伝えているかの指標であるミート率も上がります。

スリークォーターは、フルショットをする機会が少ないアイアンですることが多いです。

トップは余裕を持たせて一気に振り抜く

スリークォーターのスイングをする際、ややトップには余裕を持たせてスイングしましょう。普段のスイングと比べてトップの位置が浅くなるため、そのままスイングすると、ミート率が上がって普段と同様のスイングでもボールの芯にクラブが当たりやすくなります。

ボールが当たる瞬間であるインパクトでは、スイングプレーン(トップの位置のグリップエンドとボールを結んだ線上に描かれる平面)から外れないよう振り抜きましょう。スイング中に動きを止めてしまうと、ミスショットにつながるので注意しましょう。

トップで肩がアゴの下に収まるようスイング

スリークォーターの際、トップの位置で肩がアゴの下に収まるようスイングしましょう。スリークォーターではグリップが肩の高さまで来てからクラブを振り下ろします。フルショットと同様のスイングをしてしまうと、バックスイングでグリップが肩の高さで止まってしまい、肩がアゴの下に収まりません。

グリップの高さを肩の高さまで来るようスイングすることで、スリークォーターのスイングをしやすくなります。

グリップエンドの向きに注目

スイング時に手が肩の高さまで来たときのグリップエンド(グリップの端)の向いている方向がボールを指しているか確認しましょう。練習時はトップでスイングを止め、しっかり確認しましょう。ボールを打った後の動作であるフォロースルーでもグリップエンドがボールを向くよう意識してスイングしましょう。

スタンスは肩幅よりも拳1個分程度に少し狭めに取りましょう。スタンスを狭く取ることで、体重移動をあまりせずスイングできます。

スリークォーターは、スイングの1つでフルスイングと使い分けることでボールに方向性を持たせたショットができます。今回紹介したポイントを確認し、スイングを使い分けてみては?