ゴルフ上達への壁!ドライバースライスの種類と対策について

ゴルフプレイヤーを悩ませるスライスにも種類がありますが、いずれもインパクト時にフェースが開いているという共通点があります。今回はドライバースライスの種類と対策についてまとめました。

なぜスライスに悩む人が多いのか?

ゴルフを楽しむ中で、第一打はドライバーで気持ち良く遠くへ飛ばしたいと思っても、スライスしてしまうという方は多いです。なぜスライスするかといえば、インパクトの瞬間にフェースが開いてしまい、ボールに右回転がかかりすぎるためです。ドライバーは一番長いクラブなのでコントロールすることが難しく、それゆえに多くのゴルファーを悩ませていると言えます。アイアンなどではスライスしないプレーヤーもいることを考えると、いかにドライバーをコントロールするかが鍵となるのです。

プルスライスの原因と対策

打った瞬間は打球が左方向に飛んで行くものの、次第に右方向へ曲がってしまうのは、スイングがアウトサイドインになっていて、かつインパクトの瞬間にフェースが開いているのが原因です。これを改善するにはまずアドレスから注目しましょう。スイング軌道がアウトサイドインになる要因は、打球方向に対して肩が平行ではなく、やや右肩が内側に入っていることが挙げられます。打球方向に対して肩が平行になるようにアドレスするようにしましょう。

ストレートスライスの原因と対策

打球がまっすぐ飛ぶものの途中でスライスするのは、スイング自体は良いもののインパクトの瞬間にフェースが開いているために起こります。トップ時点で左手首が甲の方向へ折れてしまっていると、トップでフェース面が横を向いていることになります。このまま振り出すとフェースが開いた状態でのインパクトに繋がります。したがって、トップ位置での左手首に注目し、手の甲方向へ折れないようにグリップを改善することで打球がまっすぐ飛ぶようになります。

プッシュスライスの原因と対策

打ち出しから打球が右方向に飛び、さらにスライスしていくのはスイングがインサイドアウトであり、かつフェースが開いた状態でインパクトするからです。こうなるのはダウンスイング時に左肩が急に上がってしまうこと、そしてトップ位置で左手首が甲の方向に折れていることが考えられます。手首の意識とともに、左肩の位置を低く保つことを意識することが大切です。スイングの中で左肩が上がるのは自然なことですが、急激に上がるとどうしてもインサイドアウトのスイングになるため、注意が必要です。

それぞれ克服方法は異なりますが、原因を意識しながらきちんと練習することで必ず克服できるはずです。