ドライバーの練習に最適!ゴルフクラブをゆっくり振る練習法とは?

ゴルフスイングはゆっくりと振る練習を行うことで、安定感があり再現性の高いフォームを手に入れることができます。練習法としてだけでなく、実際にコースを回る時にもクラブをゆっくり振ることを心がけることで打ち急ぎによるミスが出にくくなり、ミート率向上によって飛距離アップの効果も期待できます。

ゆっくりと振ると確実にスイートスポットに当たる!

ゴルフクラブのヘッドは一見するととても大きいように感じますが、実際にはスイートスポットと呼ばれる部分は1円玉くらいの大きさしかありません。スイートスポットは大きく外してしまうと飛距離が出ないことがほとんどですが、ボールが当たる場所によっては弾道や曲がり幅も変化することがあります。インパクト時の手に伝わる些細な感触にまでも気を使わなければならないという点では他のスポーツとは比べ物にならないほどゴルフというスポーツはシビアな感覚が求められます。

安定して飛距離を出すためにはスイートスポットを外さずに確実に真芯に当てることが大切です。そのためには自分にあった適切なクラブスピードでスイングすることがとても重要になります。野球選手はどうしてもヒッティングしたい時、あえて短く握ってコンパクトなスイングを心がけるそうです。ゴルフもクラブという1m以上ある長い道具をダラダラと時間をかけて打っているようではそのぶん体にも負担が掛かりますし、コントロールもしにくくなるので当然ながらミート率が低下します。

スピードを出して素早くスイングした方がヘッドスピートも上がってボールはよく飛ぶということはたしかにありえます。しかし、そのぶんコントロールするのが難しくなってしまうのでクラブヘッドは暴れやすい状態になってしまうでしょう。結果、まともにスイートスポットに当たらない上に遠回りしてボールに当たることになるのでコンパクトなスイングに比べて倍以上の体力を消耗することになります。

そういった問題を解決するための方法のひとつとしてクラブをゆっくりと振る練習はとても最適な練習方法であるといえます。これは一度試してみればすぐに分かることでずが、大振りというのはどんなに体力がある人でもそれなりを体力を消耗します。したがってクラブをゆっくり振るには大振りよりもコンパクトなスイングでシャープな振りをどうすれば実現できるかを自然に模索し始めるのです。

同時にゆっくり素振りを続けていると、手元がどのポジションにある時に足元はどういう動きをすればいいのかといったように、いままで気付いていなかったスイングの細かな動きを再確認することができるようになります。そこで自分自身のスイングについての新たな発見が生まれることになります。

スロースイングによりシャフトのしなりを制御

クラブをゆっくりと振ることはシャフトのしなりをおさえることにもつながります。シャフトがしなりすぎると、自分の想像しているヘッドの位置と、実際のヘッドの位置が異なってボールに当たってしまうことがあります。特にダウンスイングの時のシャフトというのは、強いしなり効果によってヘッドが遅れて降りてきます。

スイングが速い人の場合は、その影響が顕著に出るのでシャフトのしなり戻りの前に手元が先行してフェースが開いて当たってしまったり、そういった動きを手元で修正しようとしてヘッドを返しすぎてしまうなど、とにかくインパクト時のヘッドの挙動が安定しないのです。クラブをゆっくりと振ることでシャフトのしなりは極限まで抑えることが可能になります。

どの程度までスイングすればシャフトの挙動が暴れやすくなるのかを知ることができるので、特に初心者などはシャフトに合ったスイングとは何なのかを勉強する機会にもなります。早く振った時とゆっくり振った時のシャフトの挙動の違いを確認しながら半ば実験的な感覚で色々なスイングを試してみると良いでしょう。最適なスピードを知ることができて始めて安定したインパクトというものを手に入れることができるのです。

スイング軸が安定することを実感する

クラブヘッドが最適な入射角で降りてきて、フェース面を思い通りにコントロールしながらインパクトを迎える。スイングの理想的な一連の流れというのを一言で表現するとこのような動作をコンマ何秒かのうちに行わなければならないということになるでしょう。

ところが、クラブを早く振ろうとしている時の人間というのはそのことだけが目的になってしまいがちです。そうなると、ヘッドの入射角やフェース面の開閉といった細かい部分に気をつけながらスイングするということを同時にこなすことはかなり難しくなります。

ゆっくり素振りはそういった事細かな動きを丁寧に確認できるという意味で大変効率良い練習方法でもあり、同時に軸を意識しながらより大きな筋肉を使ってスイングする感覚マスターできるという点ではこの上ない練習方法のひとつでもあります。

体の無駄な動きや間違った動きを修正したいというのであれば、チューブやダンベルなどを使うことでより実践効果の高い練習が可能となります。軸を意識した安定感のあるスイングを手に入れることは反復練習が必要なのですぐに身につくものでは有りません。

しかし、背骨を中心軸とした回転運動のなかで「軸」の安定を意識したスイングでボールを捕まえられるようになると、より強い遠心力をパワーとして活用できるようになるので余計な力を入れずとも簡単に強いボールをより遠くへ確実に狙いどりの場所へ飛ばせるようになります。

リズムをつかむことが大切

ボールをより遠くへ正確に飛ばすという意味ではスイング軸と同じくらい重要なのが打つ時のスイングリズムです。ゴルフというスポーツは心理的な影響を受けやすいスポーツであり、いつも同じような球筋で同じ距離を打ち分けていくには自身の調子の善し悪しを確認するための何らかのバロメーターが必要です。

ゴルファーは飛ばそうと思った時や緊張感が増している時、どうしてもスイングリズムが早くなったり、呼吸が荒くなったりすることが研究で明らかになっています。そういう意味ではスイングリズムを常にゆったり気味に振ることを心がけることは自分のスイングにとって常に良いショットが打てるリズムとは何なのかを知ることにもつながるとても意義のある練習法であると言えるでしょう。

多くのゴルファーが自分に適したスイングリズムをつかめていないのは、激しい動きによるクラブのしなりやヘッドの回転運動などによるクラブの暴れが主な原因であると考えられます。ゆっくり振ることで一定のリズムでスイングすることが可能となり、自身のスイングそのものの安定感がグッと増す感覚を実感できるはずです。

特に気をつけてもらいたいのは、バックスイング時にテークバックでゆっくりと振り上げたクラブをダウンスイングで急に早く振ってしまうことです。ヘッドスピードを上げて飛ばしたい気持ちからこのような動作になるゴルファーが多いでますが、こういった振り方では逆にミート率が下がり、方向性も安定しないことが多いです。ゆっくりテークバックしたものはダウンスイングでもゆっくり振り下ろす。そんな丁寧な振りを心がけるようにしましょう。