逆C型はダメ!I字型はOK?ゴルフのスイングの正しいフィニッシュの形ってなに?

フィニッシュとは、ゴルフにおけるスイングの一連の動作が終了した際に取るポージングのことで人それぞれ様々な形になるのが一般的です。プロや上級者などゴルフの上手な人のフィニッシュにはいくつかの共通点が存在しますが、これが絶対に正しいという形はありません。また、フィニッシュの形はその人のスイングの特徴が出ることもあり、逆C型やI字型などと呼ばれる良いフィニッシュの形と悪いフィニッシュの形と呼ばれるものが存在します。今回は正しいフィニッシュの形とは何なのか、簡単に解説します。

スイングし終わった状態のことを「フィニッシュ」という

フィニッシュとは、ゴルフにおけるスイングの一連の動作が終了した際に取るポージングのことで人それぞれ様々な形になるのが一般的です。 正しく綺麗なスイングの結果というものは必ず力みのないフィニッシュという形で現れます。したがって、力感のない理想的なフィニッシュの形がとれた場合のショットというのは方向性、距離感ともに最高のショットになることが多いです。

逆C型ってどんなフィニッシュ?

逆C型のフィニッシュとは、クラブを振り終わった後のポスチャーが名前の通りまっすぐの状態になっているフィニッシュのことで、C字の逆のような形に体が反り返ってしまっているフィニッシュのことを指す言葉です。逆C型のフィニッシュはダウンスイング時の体重移動が苦手の人がこの形のフィニッシュになることが多く、I字型と比べると下半身の回旋よりも上体の回旋が遅く、いわゆる振り遅れの状態でヘッドが下りてきやすいため、ヘッドを下からすくい上げてボールに当てるようなスイング軌道になりやすいという特徴があります。このようなフィニッシュになる人はタイミングが合えば、高弾道のドローボールが出やすいですが、振り遅れたときにはひどいプッシュや出だしからボールが右に行くような極端なスライスに悩まされることになるでしょう。

I字型ってどんなフィニッシュ?

I字型フィニッシュとは、スイングを終えたときに頭から足まで全面からポスチャーを見たときにI字のようになっているフィニッシュのことをいいます。右利きゴルファーならば、ダウンスイングで右肩を下げることなく、なるべくに平行に回す意識がなければこのようなI字型のフィニッシュになることはありません。また、両肩が平行に回っているということはダウンスイングがより鋭角に、つまりスイングプレーンに対して直線的に下りてきているということの証でもあります。目標方向側の軸足にしっかりと乗せながら打てているからこそ、I字型のフィニッシュでボールを打てているということになるのです。なお、I字型のフィニッシュは逆C型よりもヘッドがよりシャープな軌道で下りてくるため、ヘッドスピードも高い数値が出やすいという特徴があります。

I字型のフィニッシュの習得方法とは

現代のゴルフクラブというものは、インパクトでヘッドを積極的に開閉させてボールを飛ばすという打ち方よりも、ハンマーを横から木に打ち付けるようなイメージでより直線的、かつ鋭角的にヘッドを入れていくスイングの方がより良いパフォーマンスを発揮できる設計になっています。したがって、 逆C型のフィニッシュもI字型のフィニッシュもそれぞれに特徴がありますが、I字型のフィニッシュの方が最近のクラブには相性の良いフィニッニュであるということが言えるでしょう。

もし、逆C字型のフィニッシュになっていて、スイングを改善したいというのであれば、まずはダウンスイングのインパクト以降に目標方向側の軸足へとしっかり体重を移動させるスイングができるようになることを目指しましょう。ダウンスイングで体重を左足にしっかり乗せられるようになると、左膝をしっかり伸ばし、右膝をを股関節の内側へとしっかり内旋させることでより綺麗なI字型のフィニッシュになることが自然と自分の体で体感できるようなります。あきらめずに、強い意識を持って取り組むことによって必ずスイングは変えることができます。もし挑戦してみたいという方がおられましたら、是非試してみて下さい。