ゴルフで気持ちいいロブショットを打つためのコツって?

ロブショットは、紹介したコツをおさえて、いつも通りにスイングすれば、難しいショットではありません。しかしリスクはつきものなので、使用するにはちょっと考慮が必要です。ロブショットをマスターしてアプローチ精度を上げて、ゴルフのスコアアップに役立ててみてはいかがでしょうか。

ロブショットって何?

ロブショットとは、グリーンの手前にバンカーや池などのハザードがあった場合、フワッと高く上げてハザードを回避してグリーンに乗せるショットです。見事に決まるとかっこよく、ワンパットにてカップインできるチャンスがつかめるのですが、距離の調整が難しく、失敗した場合はハザードに入ってしまうというリスクも高いショットです。ロブショットをうまく使えるようになれば、着実なアプローチが可能となるため、スコアアップに大きく貢献するでしょう。ちょっとしたコツさえつかめばさほど難しくないので、そのコツについて紹介してみましょう。

ロブショットはボールを高く上げることを目的としたショットなので、グリップを握る時にはゴルフクラブのフェースが少し開くように握るとボールが上がりやすくなります。順番としてはフェースを開いてからグリップを握り直すのが大切です。また、ロブショットを上手に決める鍵となるのは、構え方が8割くらいを占めます。ボールの位置は少し左足よりに置き、オープンスタンスで、いつもよりもスタンスを広めに取ります。スタンスの雰囲気は、バンカーショットの打ち方と少し似ています。また、フェースを開きますのでその分、体の向きを変えると良いでしょう。

打ち方のコツ

ロブショットの打ち方のコツとしては、ゴルフクラブのフェースをボールの下に潜り込ませるイメージで、ボールを直接叩くのではなく、ボールの下をフェースが潜り抜けてゆく感じです。ショットの向きは、スタンスしている方向に振れば良いでしょう。あらかじめフェースを開いている分スタンスをずらしているはずなので、ボールはまっすぐとピンの方向へ向かっていくはずです。また、コックを使うことでインパクトの瞬間にハンドファーストにならないようにフルスイングすることもたいせつです。あとは、勇気を持って振り抜くだけです。

ロブショットの使い方

ロブショットは、大きなメリットのあるショットですが、リスクもつきまといます。ロブショットを使うかどうかはそのときに応じて考えた方が良さそうです。まず考えるべきなのは、ロブショットを成功させられる可能性と、失敗した時のダメージです。成功させられる可能性については、ロブショットを打つ時のボールの状態にあるでしょう。フェアウェイで、しかも平坦な場所であればチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。失敗した時のダメージは、バンカーインとウォーターハザードではダメージが異なります。このあたりのさじ加減が難しいです。