グリーンにボールを乗せる!ロブショットを打つための3つのコツ

ロブショットはアプローチショットの1つで、打ち分けられるようになることで、ボールを少ない打数でグリーンに乗せやすくなります。今回はロブショットを打つためのコツを3つまとめました。

ロブショットとはアプローチショットの1つ

ロブショットとは、アプローチショットの1つでボールを高く打ち上げた後に転がらないよう止めるショットです。ロブショットはフロップショットとも呼ばれています。

アプローチショットは転がした方が、ボールをグリーンに乗せやすいが、フェアウェイより高い位置にある砲台グリーン、目の前に高い木や池やバンカーなどの障害物があるときに、ロブショットを打ちます。

転がすピッチショット以外にロブショットを打ち分けられることで、より少ない打数でボールをグリーンに乗せられます。

ロブショットを打つ条件は、ある程度ボールが芝の上に浮いている必要があります。

ボールは左足寄りにセットしフェースは開く

ロブショットを打つ場合、ボールは左足寄りにセットしましょう。セットした際、ボールと目標地点を結んだ飛球線よりも体を左向きにするオープンスタンスで構えましょう。オープンスタンスで構えることで、最初からボールが当たる瞬間であるインパクトに備えられます。

オープンスタンスで構えた後は、クラブヘッドの面であるフェースを目標方向に向けながら開きましょう。開くことで、ボールの曲がり幅が少ないドローボールを打ちやすくなります。

手首を柔らかく使い怖がらない

手首を柔らかく使うことで、ウェッジのバンス(クラブヘッドの底であるソール部分のふくらみ)を滑らせることができ、ロブショットが打ちやすくなります。バンスを滑らせることで、インパクトゾーンが長くなり、ミスを減らせます。バンスを滑らせるには、ヘッドを低い位置から入れることを意識してスイングしましょう。ショットを打つまえに素振りでヘッドの動きをイメージしてからスイングしましょう。

ミスを怖がらず、クラブを振り抜くことでスイング軌道が安定しミスを防げます。

重心は右足寄りにしてゆっくりスイング

アドレスの際は、右足体重でハンドレイト(アドレス時の手元の位置が飛球線とは逆方向に手元が来ている状態)で構えましょう。右足体重はクラブの振り終わりであるフィニッシュまで残すのが重要です。

重心を右足寄りにしたスイングは、グリップエンド(グリップの端)が中心になるようスイングしましょう。ロブショットは、振り幅ではなく、打ち出す高さで距離が決まります。ロブショットの際はゆっくりスイングすることで、グリップエンドが中心になるスイングをしやすくなります。

ロブショットを打てるようになることで、グリーン周りの戦略性が高まります。今回紹介したポイントを確認して、ロブショットを習得してみては?